太った人を卑下-貧しい人を卑下することと同じ

最近、カナダのコメディアン、ニコルアーバー(Nicole Arbour)がユーチューブに載せたある映像が話題を集めました。 “太った人たちに”というタイトルの映像でArbourは太った人たちを絶えず卑下しました。 問題は、 太った人を卑下 は貧しい人を卑下することと同じです。

また、”肥満人を卑下する(fat-shaming、太っていたり、過体重と思われる人の体格を置いてからかうような、または批判的な発言をして侮辱感を感じさせるという意味の新造語)”という言葉は太った人たちが作り出したとんでもない用語”だとし、”私の言葉にあまりにも頭にきてしまい、やせるとするならばよいことだ”と話しました。 非難が続くと、Arbourは”謝罪しない”と明らかにしました。

Arbourが突っ張るのは全部信じるところがあるためです。 太った人たちに対する嫌悪を、ためらうことなく露にする人たちはとても多いです。 肥満を責任感不足の結果と見る見方は、一般人はもちろん、医療界で主流に近いという研究結果もありますからね。

太った人を卑下.

ハーバード大学の疫学者’ウォルター・ウィルレッ’は”体重調節に真剣に挑めば、大半の人々が成功することができる”と述べ、彼の仲間である’ジョアン・マンソン’も太った人たちは”ただ運動するのが嫌いで、サラダと焼いた鶏肉の代わりにビッグマックとフレンチフライを選択すること”と話しています。 太っていると笑われる、社会的に悪用されることを肥満治療の動力にしようと言う専門家もいます。

変な点は、この善良な意図の”fat-shamer”が”人の変化意志で改善できる”他の問題についてはこのようなやり方で話しないという点です。 この問題も肥満と同様に寿命を短縮させて各種精神病、糖尿病、心臓病にかかる確率を高めるのにも言葉です。

その問題とはまさに貧困です。 そして肥満の卑下の論理によると、我々は貧しい人たちも卑下することができます。

米国の疾病管理センターによると、行動(ゴロゴロしながらおやつを食べるそんな行動!この人の健康に影響を及ぼす変数のうち、比重が25%にもならないそうです。 生まれつきのものと医療サービスの質が25%、残りの50%は所得、性別、人種のような社会的な要素が占めます。 同じ都市内でも住む町によって寿命が最大25年までチャイナはことも、このような理由のためです。

社会的要因の中で最も重要なのは所得の可能性が高いです。 貧困と精神、肉体的健康の緊密な関係は研究を通して継続して明らかになっています。 カナダのある研究によると、所得最下位階層の女性は最上位階層の女性に比べて第2型糖尿病にかかる確率が3倍も高いと言われています。 体質量指数と運動量という変数を統制しても、貧しい女性が糖尿病にかかる確率が依然として2倍です。

肥満がなく低い所得が糖尿病発病の最も正確な予測変数だという調査結果もあります。 同様に米国でもミシシッピ州の黒人らを対象にした調査で、低所得が50歳未満、心血関係疾患の発病率を3倍に引き上げる結果が出ました。

このように貧困は公共保健に肥満よりさらに大きな脅威として作用します。 Arbourとハーバード大学の専門家によれば、ダイエットの公式はとても簡単です。 あまり食べて、もっと動かば良いのです そんな風にラーメン貧乏も、前より節約して、さらに働けば解決される問題です。 “真剣に臨むと”貧しさから脱することができるのではないですか?

貧しい人を卑下することと同じです

このようなやり方で肥満と貧困を比較するのは適切でないという批判もあります。 そうすることもあります。 なぜなら肥満から脱出することは、真にものすごく大変なことだからです。 肥満の男性のうち1年以内に正常体重と帰ってくる人は210人のうち1人、女性は124人のうち1人です。 肥満の程度がひどい人なら男性は1,290人のうち1人、女性は677人のうち1人だけが肥満から離れます。

一方、貧困の場合、ピュー・リサーチ・センターは、所得下位5%の米国人のうち、上位5%に進入する人が100人のうち4人の割合と明らかにしました。 100人のうち9人という、より希望的な研究結果もあります。 だから、肥満から脱出が貧困から脱出より4-8倍は難しいということです。 にもかかわらず、なぜ、健康専門家たちは、貧しい人々を顧みず、太った人は簡単に卑下するのでしょうか?

いくつかの理由を思い出します。 貧困は非常に複雑な問題と思われてしまうため、”食べるカロリー、出かけるカロリー”っていうふうに簡単に言うこと自体を不愉快に感じる人も多いです。 もしかしたら、メディアが二つの事案を照明する時貧しい人たちには”人間の顔”を付与するが、太った人たちは顔のないの塊で描き出すからかもいます。

‘肥満の卑下’が蔓延した理由が何であれ、肥満の卑下を中断しなければならない理由はとても多いです。 何よりもこのような雰囲気は非生産的です。 一肥満研究所の副所長は”人たちにデブという理由で烙印を押されたり、恥をかいば、むしろ料理にさらに意志して運動をしなくなる”、個人の選択と行動は肥満問題の大きな絵の一部に過ぎないと言います。

また、肥満人を卑下する社会的雰囲気は学校や職場の肥満の差別をあおっています。 このような差別は賃金格差につながって、解雇と自尊感を低下させます。 何よりもどんな条件を持っていてもみんな同じ人たちです。 人間の価値を通帳の残高や体重と判断してはならないということ、これがArbourが忘却している不変の真理です。

ソース  http://www.slate.com/articles/health_and_science/medical_examiner/2015/09/fat_shaming_does_not_work_poverty_is_worse_for_health_than_obesity.html