宇宙レーザー光通信-テストするNASA

宇宙レーザー光通信をテストするNASAです。 NASAは宇宙空間の間にレーザーを利用した高速通信網をテストしています。 光通信やセンサーOptical Communications and Sensor Demonstration(OCSD)は、ネジの小型宇宙船技術プログラム’Small Spacecraft Technology Program(SSTP)’の支援を受けた研究プロジェクトです。

従来の宇宙通信網の構築は、無線電波に依存することでした。 これは距離が近い時には大きな問題がないが、距離が離れると信号が弱まって速度を大幅に減らすしかありませんでした。 レーザーを利用した光通信は速度の面で非常に早いが、まだ長距離通信に適した高出力レーザー通信研究は初歩的段階だと言えます。

宇宙レーザー光通信

OCSDは、長距離レーザー通信システムをテストするためのものです。 宇宙空間でレーザー通信をテストするが、非常に小さな大きさのキューブセットを使用するために検査費用や時間が大きく節約されるというメリットがあります。 10x10x10cmモジュールで構成された小さなキュブセッは、安い価格で宇宙計画を進めることができるという点でかなり魅力的です。

OCSDギュブセッは2.5kgに過ぎない軽さに規格より大きな10x10x17cm大きさです。 このキュブセッは6W出力のレーザーを発射し、200Mb/sのデータを地球軌道から地上に伝送したり、逆に受信する予定です。 超高速通信網が一般化した世の中でこれはあまり速くないように見えられるが、似たようなセットで行われるキュブセッ衛星、無線通信比100倍も速いことと研究チームは説明しました。

地球の軌道で発射されるレーザーを受信するシステムは、光通信及び大気観測所(Mt. Wilson Optical Communications and Atmospheric Measurements(MOCAM))に設置されています。

宇宙レーザー光通信

実際にテストは2016年初めになる予定です。 光通信は確かに早いのも確かだが、中間に妨げる物質があれば通信が切れる問題があります。 例えば、通信が行われる間を鳥が通り過ぎたり飛行機が通り過ぎたら、通信が途絶えることになることです。 レーザー自体は出力が強くならないため、野生鳥類に致命的であったり、航空機事故を作っていないが、通信が途切れることはそれ自体が問題とします。

したがって、実際のシステムが可能になるためには、複数のバックアップシステムが一緒に必要かもしれません。 例えば、複数のレーザーを同時に利用する方法があります。

レーザー光通信の未来の目標はやはり月まで高速通信網の構築です。 先立って、LLCDデモで実際に可能ということを立証しました。 果たして宇宙光通信が可能なのか、そして地球を超えて月まで知りたいです。

ソースhttp://www.nasa.gov/feature/big-plans-for-small-satellites-testing-laser-communications-formation-flying/