人間の推論過程における選択的怠惰

人間の推論過程における選択的怠惰-もし、私たちが自分と同じような意見を持った人を会うと、その人の主張にいつも同意するようになりましょうか?

それできたらいいでしょう。 しかし最近、ある研究は、人たちは自分の意見としても、それが他の人の意見と思う瞬間その考えによく同意しないという事実を見せました。

認知科学者エマニュエルトゥルシェと彼女の同僚たちは”推論における選択的怠惰(The Selective Laziness of Reasoning)”というタイトルの研究を最近に発表しました。 彼らがいう’選択的怠惰’という本人の意見より他の人の意見についてもっと几帳面に計算する人間の特性を意味します。

人間の推論過程における選択的怠惰

これらは、アマゾンの’エムトク’を利用し、参加者たちに先にどのような論理問題を解いており、その答えを選択した自分の論理あるいは意見を書くようにしました。 次の実験で彼らは、同じ問題に対する他の人たちの答を見せてくれ、その答えの妥当性を評価することにしました。

研究陣はこの時参加者が先に書いた答えを他の彼らの答えの間に差し込み、その答えを他の人の答えだと考えるように作りました。

その結果、参加者たちは自分の答えの約60%を妥当せず、したがって、間違った答えだと評価しました。 特に、彼らはその答えが実際に間違った答えになり、より高い確率でこれを間違っていると評価しました。

トゥルシェは次のような結論を下しました。

参加者たちは自分の意見を他人の意見だと考えた時にはさらに批判的に接しながら、その意見の半分以上を棄却したということが明らかになりました。 彼らはまた、その意見の正当性も区別することができました。 まもなく、その意見に迎えた意見の場合より、誤った意見の時もっと高い確率で棄却しました…

この実験は人間が持った推論における選択的堕落を明確に示してくれます。 私たちが推論を通じてどのような意見を導出した時、私たちは自然に自分の意見を正当化しようとして、その結果、自分の意見に対する批判的思考をしないようになります。 一方、同意見でもこれが他の人のものである時、我々は批評的にこの意見の正当性を区別できるようになります。

この結論が人間の推論能力に問題があるという意味でしょうか。 違います 著者たちはこの’選択的怠惰’がすぐ対話を誘発し、実際に役立つ能力の可能性があると話します。

討論に使用される選択的怠惰

討論を開始する時、相対的に弱い意見で始まるのは適切なことです。 これを通じて相手を最初から説得するために必要な努力を避けることができ、その意見が説得力が足りないということが判明した時に問題点が論争の中で言及されることができます。 実際に対話で相手は概ね反論を提示することで、話者が自分の論証を適切に整えるように手伝ってくれます。

つまり、初の意見を提示する際の怠惰さは欠点というよりは推論能力が適応された結果だというのです。 反面、他の異議意見については、誤った情報を受け入れないように、より批判的な思考をするようになります。 その結果、国民は選択的怠惰さを持つようになったのです。

もちろん、この実験で一つ注意事項があります。 上に説明された実験過程のうち、約半分の参加者は自分の意見がほかの人の意見に変わって自分に与えられたということを気づきました。 反面、残りの半分の参加者たちはこれを気づかなかったのです。 上記の実験は、これら、すぐに気づかなかった彼らだけの対象に行われ、自分の意見が含まれているという事実に気づいた彼らは最終結果の解釈から除外されました。 実は彼女らは、論理テストで優秀な成績を記録していた人たちです。

したがって、もしかしたら上の実験結果について、参加者たちが実験に熱心に参加しなかったためという解釈も一部可能です。

ソース http://blogs.discovermagazine.com/neuroskeptic/2015/10/21/the-selective-laziness-of-reasoning/#.VjTOxbfhCUk