マルチタスキングをうまくするための6つの秘法

マルチタスキング をよくする6つの秘法を整理します。

1.気をつけていなければなりません。

“最も理想的なのは、マルチタスキングが必要な時にはマルチタスキングをして、集中しなければならない時には、集中するんです。”心理学者’スェルリのカーソン・’の言葉です。 ‘Live This Book’の著者’トム・チェッピルドゥ’はインターネットがあるときもよくなる仕事とない方がよくなることを分けて二つのリストを作ると言います。 すなわち、インターネットへの接続と解放を意識的に選択するという意味ですね。

2. マルチタスキング ために記録してください。

GTD(Get Things Done)の核心は未解決の問題によるどんな小さな罪悪感でもなくすということです。 これを解決できるすべての行動を記録してこのリストを定期的にフヮクインセです。 アレンは自分が今していないことが大きな問題を起こさないという確信を出してほしいとします。 これから今している仕事に余裕を持つことが一番重要だと話します。

3.スマートフォンを支配してください。

スマートフォンは立派な召使であり、残忍な主人です。 不要なお知らせをすべて消してください。 ほとんどの人はツイートやメールをすぐ確認する必要がありません。 メール内にツリー構造を作って、ちゃんと答えなければならないメールを別途保管してください。 そしてコンピューターをつけた時このメールを処理しましょう。

4.、短い間に集中してください。

台所用タイマーから名前を取った”ポモドロテクニック(Pomodoro Technique)”は2時間25分の集中と5分間の休憩を繰り返している方法です。 生産性、専門家’レン’は毎時間毎に1-2分をてこもイ・メールの確認に割り当てる”メールダッシュ(email dash)”を推奨します。 このようなアイディアは、複数の作業を行き来しながらも一つのテーマに集中できるようにしてくれます。

5.完成するまで延ばしてください。

もしあなたがいくつかの興味深いプロジェクトを同時に進行していたら,一つを進める間、他のものを延期しておくのもいいです。 変化は、休憩ほど良いことです。 心理学者’ゾーンクニオス’が説明したようにしていた仕事を変えることは新しいアイデアを思い出させてくれます。

6.の様々な分野をたのしんでください。

作家であり、心理学者である’キスソーヤー’はこう言いました。 “創造的なアイデアは様々な学問にわたっていながらお互いに違う組職たちと一緒に仕事をしたり、様々なプロジェクトに関与している人から出ている。”実際に彼はジャズピアニストであり、元経営コンサルタント、一時アタリのゲーム機のゲームデザイナーでもありました。 お互いに他の分野の予想しなかった連結を通じ、時には良いアイデアが誕生します。

Six ways to be a master of multitasking

http://www.ft.com/cms/s/2/bbf1f84a-51c2-11e5-8642-453585f2cfcd.html