太陽光パネルで作った歩道ブロック

次世代道路の一種である’太陽光パネル道路’が少しずつ実現されている。 < 太陽光パネルで作った歩道ブロック > 道路包装やインドの歩道ブロックで使用する’太陽光ガラスパネル’を開発する会社であるソーラー・ロードウェイズ(Solar Roadways)は10月初め、米国アイダホ州の保養都市であるサンドポイント(Sandpoint)市の中心街の広場に太陽光ガラス歩道を設置したと外信が伝えた。

ソーラー・ロードウェイズは8角形になった太陽光ガラスパネル30個で、村の広場の真ん中の人々の視線を引くイベント空間を作った。今度設置された太陽光パネルはソーラー・ロードウェイズを設立したスコット・ブルソ(Scott Brusaw)が開発した3世代SR3パネルだ。 サンドポイント市のジェフ・ジョーンズタウンスクエアに14平方メートルのこぢんまりとした規模で設置された太陽光の報道は48Wの明るさを誇る。

パネルごとに暖房装置が装着されて雪や氷にも凍らないようにした。 1600万カラーを具現するだけで、たまに昼にもパネルに撮られる文字を読むだけに、明るいLEDを装着した。 公共の場所にソーラー・ロードウェイズの太陽光パネルが設置されたのは初めてなので次世代エネルギー政策に関心を持った人たちの関心を集めている。

太陽光パネルで作った歩道ブロック

サンドポイント市当局は、太陽光パネルが単に太陽光を電気へと変えるのに止まらず、使用者と相互交流をするように多様な試みをしている。 決まった枠組みによって太陽光歩道ブロックが映像を出してみていることから進み、観客たちが映像の内容に参加するようにしたことだ。

ソーラー・ロードウェイズは太陽光を利用する歩道ブロックのほかに多様な製品を開発している。 子供の遊び場床や駐車場の床に太陽光パネルを設置して電気を外部から引いて来ず、自主的に生産するようにするという計画だ。

太陽光パネルが設置される次はミズーリ週になる見通しだ。 米国のミズーリ次世代道路研究が活発なところだ。 ミズーリ交通局は’未来の道路計画'(Road to Tomorrow initiative)を建てて次世代道路を正式研究課題に並べておいた。 これによってミズーリくれる、早ければ年内に66番道路に太陽光ブロック道路を設置する計画だ。

強化ガラスで囲まれた太陽光パネルは、組立て式で作られた。 パネルの中には、周辺のパネルと連絡するマイクロプロセッサとコントロールセンターが設置された。 太陽光を受けてパネルの中で自主的に生産した電気で中央線や車線を作ったりもして冬は雪や氷を溶かす熱も発生する。 組み立て式のパネルで作られたために破損がなれば、容易く交換になるとスコット・ブルソは話した。

これと似たアイデアを持った企業は幾つかありますが、ソーラー・ロードウェイズは唯一、米交通部で研究を結んだところであり、関心が高い。 米国のオバマ大統領が2015年の一般教書で、これについて言及したほどだ。 ソーラー・ロードウェイズは五万人から220万ドル寄付金を貰い、米連邦高速道路(FHA)で160万ドルを受け取った。

会社の窮極的な目標は、歩道ブロックだけでなく、コンクリート道路とアスファルト道路を完全に代替することだ。 米国だけでもコンクリート道路の面積は韓国領土よりも広い48,000平方マイルに達するほど広い。

ソーラー・ロードウェイズは太陽光パネルについてコンクリートを対象とする実験も通過したと主張している。 8フィートの高さで1ポンドの金属ボールを0.5インチの厚さの太陽光パネルに落として耐える実験を通過した。 自動車の走行実験ではアスファルトと似たような制動距離を記録しており、強度実験では25万ポンドを耐えたと話した。太陽光パネル一つの重さは70ポンド(31kg)であり、一頂点で他の頂点まで長さは約31インチ(78cm)だ。