自律走行巨大トラック :未来産業の姿か

自律走行巨大トラック – 自律走行車は知らず知らず産業界で一つずつ試みられており、特に自律走行車の能力に注目する産業界は鉱山業です。 しばしば危険になったり、非常に孤立した場所で資源を輸送しなければならないため、これを無人化させると、相当な利点があるためです。 もちろん、作業自体が限定された特殊道路を往復する任務であるので無人化が容易というのも大きな長所です。

大型トラックや建設装備専門メーカーの日本のKomatusも自律走行巨大トラックを発表しました。 これはこの2008年から進行した鉱山企業であるRio Tintoとの協業の結果と申します。 自律輸送システムAutonomous Haulage Systems(AHS)と命名された同システムは最初から人を排除したシステムとして開発されており、チリとオーストラリアの鉱山に投入される準備をしています。

自律走行巨大トラック :未来産業の姿か

写真に見える930Eモデルの場合2014-kW(2700-hp)出力エンジンと8.5m高さに達しているタイヤを利用して一回に230tの鉱物を積んで運ぶことができ、最高速度は時速64kmほどです。

このようなモンスタートラックを無人化させれば、コスト削減はもちろん、危険なことに人材をあまり投入して事故の危険性も減少するだろうはずです。 しかし、同時に、当該の労働者たちは職場を失うことになります。 全ての日課同様に技術革新によって明るい面だけあるものじゃなくて暗い面もあるものですね。

多分自動化/無人化は、後戻りにくい時代の主流になるだろうと思います。 これから成長する世代はこのように変化した環境に適応する能力を持つべきでしょう。