火星で3Dプリンターで家作り

火星は人類の次の探査目標としてよく取り上げられます。 ねじは2030年代に現在開発中の次世代ロケットのSLS(Space Launch System)と、オリオン宇宙船を利用して、人類を月軌道の火星まで送るという目標を立てています。

ところが、火星有人探査が成功するためには華城まで行く宇宙船はもちろん、着陸船と着陸した宇宙人が買える居住空間ように様々な要素が一緒に必要です。 この中で着陸した宇宙人が買える居住空間を作ることは、莫大な資源を必要とします。 これを地球でいずれも輸送してきたら費用が手に負えない水準に上昇するかもしれません。

もちろん、火星での滞在期間を最大限短くすることも方法だが、火星と地球の公転周期を考慮すればいつでも地球に帰還が可能なものではありません。 また、もし問題が生じたときは、火星基地で長く持ちこたえなければならないかもしれないでしょう。

火星で3Dプリンターで家作り

したがって、一番いい代案の一つは、現地で最大限物資を調達するのです。 そして多くの代案が3Dプリンターを使用する方法を提案しています。 火星で3Dプリンターで家作り。

火星の表面の土はレゴラスと呼ばれるきれいな砂粒子になっています。 この砂粒子を接着剤を利用して望む形で出力すれば、簡単な建築資材を代わりにすることができます。 つまり、レンガやセメントの代わりにレゴラスを利用した火星基地を建設することです。

3d-printed-mars-shelter-3

事実、複雑な宇宙基地全体をこのように作ることはできません。 主要居住空間は宇宙船で簡単に運ぶことのできる膨張式モジュールを使用しなければなりません。 風船のように折れていたが、膨張すると、居住モジュールになっている方式です。 重さと体積を最大限減らすためには、このモジュールを保護する構造物は現地で材料を調達して3Dプリンターで必要なように出力する方法が代案として提示されています。

火星宇宙基地の建設

宇宙飛行士が火星現地に到着した時すべての工事が完了しなければならないため、この工事は全てロボットにより、100%自動化する必要があります。 数台のロボットたちが共同で作業しなければならないです。

3d-printed-mars-shelter-4

ポスター+パートナー(Foster+Partners)という会社でデザインしたモデルは93平方メートルの空間に入ることができる居住モジュールを3Dプリンタとロボットによって建設するという概念を盛り込んでいます。

事実この会社のほか、火星に建設される基地を3Dプリンターで建設しようという提案が登場しています。 当然、この方法は、火星が以外に月や他の天体に基地を建設するのにも使用されことができます。 まだ遠い未来ではあるが、もしかしたら3Dプリンターが未来人類の宇宙開拓の核心技術がなる可能性が高いです。

出所 http://www.gizmag.com/foster-partners-3d-printed-mars-shelter/39584/