朝型と夜型人間 – 誰がましかな

2003年10月、日本の医師’稅所弘’が書いた本が出版され、’朝型人間’が世間の関心を集めた。 エジソンのように朝型人間として成功した人の話を見て朝早く起きるのが成功への近道だという認識も広がるようになった。

それなら、朝早く起きた人がすべて成功するのだろうか。 周りを見れば、そうではないということを知ることができる。 朝遅く起きてるんだけど、も業務能力が立派な人がいて、深夜にさらに多くの事を処理する人がいる。

どのように生活するかは問題にならない。 基本的な能力があり、健康上に大きな問題がなければ、言葉だ。 それにもかかわらず、一般的に朝型人間が夜型人間より健康だと思う。 実際にこのような認識を支える研究が発表されたりもした。

朝型と夜型人間 – 誰がましかな

この4月学術誌’The Journal of clinical endocrinology & metabolism’に発表された研究によると、朝型人間が夜型人間より健康だという。

研究チームは47~59歳の間1620人を対象にこれらの生活と睡眠習慣を分析した。 これらのうち480人は朝型人間、95人は夜型人間に分類されており、残りはどちらにも属さないことが分かった。 各グループごとに体脂肪、胴回りを測定した。 骨粗鬆症の測定検査とブドウ糖負荷検査も同時に実施した。

その結果、夜型人間は体脂肪と血中脂肪が朝型人間より多いことが分かった。 特に、男性の場合、朝型人間より夜型人間から肥満の場合が3倍も多いことが分かった。 糖尿病にさらされる可能性も大きく高まった。

今回の研究では夜型人間が朝型人間より健康が悪い理由については明確に究明したことはできなかった。 しかし、遅く寝て遅く起きる習慣が睡眠の質を落として、遅くまで起きており、夜食を食べる場合が多いと推定している。

夜型人間が良いという研究結果も少なくない

だからといって、朝型人間が無条件にいいと断定は下せない。 夜型人間が良いという研究結果も少なくないからだ。 2013年のスペイン・マドリード大学研究チームは、青少年1000人を対象に調査を進めた。 その結果、夕型学生が帰納推理能力及び問題解決能力において朝型の生徒より優れていることが分かった。

帰納推理は個別的な特殊な事実または原理から、一般的で普遍的な命題や法則を引き出す推理の概念だ。 簡単に言って、世界で経験できる多様な実際の事例から一般的なものを特定することを言う。

面白いのは、学校の成績は夕型学生より朝型学生がより高いことが明らかになったということだ。 これは学校の時刻表が朝に沿っているためには、夕型学生がそれほど学業成就度が下がるためのものとみられる。

研究チームは、このような特徴をもとに、夜型人間は、革新的なアイデアをもととする詩人、発明家、芸術家などの創造的な面が強いと明らかにしており、朝型人間は公務員や会計士など論理的な面が強い特徴があると明らかにした。

どんなのがもっといいと言うことはできない

朝型と夜型人間 の中でどんなのがもっといいと話することはできない。 お互いに違うだけで、間違ったことはないためだ。 一般的に朝型人間は夜型人間よりは計画的かつ実践的な暮らしを維持しようと努力する。 集中力が強い方であり、自己制御が得意なのにもっと良い成果を得ようと努力する。

2011年学術誌’Journal learning and individual differences’を通じてこれと関連された研究が発表されたりもした。 朝型人間は学業成就度が優秀な反面、認知能力が少し足りないと分かった。 反面、夜型人間は学業成就度は落ちるが、認知能力は優れていることが分かった。

このような性向の違いによって人々が選択する職業にも差が存在する。 朝型人間は慣習的な生活方式を維持する方だ。 それで午前にミーティングをして勤務を開始する会社のサラリーマンがこれに該当する。 朝型人間の代表的な人ではエジソンやジョージ・Wブッシュ大統領がいる。

一方、夜型人間は創意的な考えが主に夜に出るために一般的に芸術家的な姿を見せたり、事業家的な冒険を楽しむ。 刺激やリスクを甘受と連結されたホルモン数値が夜になると高くなるからだ。 夜型人間の代表的な人ではモーツァルトがある。

事実、人間型は無数に多いために、朝型人間と夜型人間に分けることは難しい。 朝型や夕型関係なく自分の睡眠サイクルを最大限維持し、割れても、原状復帰しようとする努力が一番重要だ。