米国で銃器購入者の身元調査をしない理由

米国で銃器購入者の身元調査をしない理由-先月27日、シカゴであった警察庁長との対話で、オバマ大統領は、銃器購入が本や野菜を購入することと同様、容易な地域があまりにも多いと指摘しました。 オバマ大統領は、すべての銃購入過程に身元調査を義務化する法案を再度求めています。

何年目、国会上程を推進しているが、果たせなかった法案です。 2年前、両党の合意で身元検査をインターネット販売と銃の博覧会(gun shows)まで拡大するManchintoomey法案が上程され、目標を達成するように見えたが、結局上院を通過することができなかったです。

米国で銃器購入者の身元調査をしない理由

警察は、大統領の方です。 銃器が今のように蔓延せず、すべての銃購入者が犯罪経歴や精神健康身元調査を受けることになれば警察の仕事がはるかに容易になるでしょう。 警察側は蔓延した銃が今年の凶悪犯罪が多くなっている主要原因だと主張します。 現在の身元調査は許可された銃器ディーラーに限定され、40%に相当するインターネットや銃器博覧会の取引には適用されません。

米国の世論も大統領を支持します。 ピュー・リサーチ・センターの8月、アンケート調査によると、回答者の85%が銃器所有者の身元を検査しなければならないと答えました。 80%が精神健康問題があった人に銃器販売を禁止しなければならないと述べ、70%は、政府がすべての銃器販売をデータベース化して管理するという計画を支持します。 そうならば、米政府はなぜ、まだも身元調査を実施していないのでしょうか。

利益集団の政治的影響力

政治的影響力が巨大な米国銃器協会(NRA:National Rifle Association)と銃の支持団体が身元調査など銃器販売を制約する全ての法案に反対するからです。 彼らは1791年修正憲法第2条に出る”自分を武装する権利”を根拠に挙げます。 銃が犯罪率を落としても主張します。

2012年コネチカット州のサンディフック小学校で、子ども20人を含め、計26人が命を失った銃器事故以降も、NRAの首長であるウェイン・レイピアーは学校職員たちが、武装していたなら、事故を防ぐことができただろうと言いました。 “銃を持った悪い人を阻止できるのは銃を持ったいい人だけです。”

NRAと銃の支持団体の影響力は依然として強大、近日中に国会に銃規制関連法案が上程される可能性は小さいです。 これまで週単位でもっと厳しい銃規制法案を導入しました。 ニューヨーク、カリフォルニア、マサチューセッツ、イリノイ州、ロードアイランドとメリルランドは最も厳しい州です。 個人的な取引においても身元確認を義務化します。

こんなにちょっとより厳格な規制を加える州で殺人と自殺率が低いという研究結果があるが、隣の州でも似たような制裁があったら、その効果はさらに大きくなったはずです。 例えば、イリノイ州は銃器関連規制が多いが、隣人にウィスコンシンとインディアナではほとんど何の規制もありません。

シカゴは特に銃器関連規制が多いが、警察が回収した銃器の半分は州の外から来た銃器です。 シカゴ警察総長が全国的な銃器購入者の身元確認を促すことに最も積極的なのも当然のことでしょう。

ソース Why America doesn’t have universal background checks for gun-buyers