電気バス Proterra Catalyst XR

電気バス- Proterra Catalyst XR 走行距離415km

電気バスはすでにいくつかの国家で実用化段階に達し、テストサービスに入った状態です。 米国のProterra社は最近、Catalyst XRという新型電気車を披露しました。 やや平たい車体を持つこのバスは一回の充電で415kmを走行することができます。

この会社がこんなに長距離走行が可能なバスを開発しようとするのには、それだけの理由があります。

米国の場合、相対的に人口密度が低く、都市のサイズが大きく、一般的にバスが1日走行する長さが1日322kmに達するとします。 この距離を移動できる電気バスを作ることは不可能ではないが、費用がかなりたくさんかかることです。

電気バス

このため、まだ電気バスは短距離路線に主に使用されており、それも制限的に普及されています。 しかし、このような限界は結局、克服される可能性が高いです。 ロン・マスクが指摘したように、バッテリー技術が毎年5-10%程度の発展を見せるからです。

現在の電気自動車も過去10年前は想像をできない進歩を見せています。 バッテリーや関連技術が大きく発展をしたからです。 発展に限界に達した内燃機関よりこれからバッテリーや電気自動車関連技術が大きく発展する可能性が高いです。

Proterra Catalyst XR-走行距離415km

Catalyst XRもこのような進歩の延長線上にあります。 この電気バスは平均48 km程度で走る場合、415kmの距離を走行することができます。 内部には、計8つのニッケル/マンガン/コバルト電極(Nickel Manganese Cobalt)バッテリーパックがあるが、(リチウムイオン電池の一種であること)総257kWhという莫大な電力を内部に保存することができます。

電気バス Proterra Catalyst XR

10個のバッテリーパックを使用すれば、321kWhの容量と483kmの走行距離を確保できるものと期待しています。 ここに高速充電技術が確保されれば、未来には、長距離バス路線にも電気バスが登場することが不可能ではないかもしれません。

現在までは電気バスは電気自動車と同様に高く、性能も内燃機関のバスより低いです。 しかし、温室効果ガスの規制に対する規制はもう後戻りできない時代の大勢である上、バッテリー関連の技術が急速に発展しているため、結局、未来には電気バスが新しい主流になる可能性があるのではないかと思います。

ソース http://www.gizmag.com/oroterra-catalyst-xr-electric-bus-258-miles/39692/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *