難民 物資より現金がもっと必要な理由

難民 – 物資より現金がもっと必要な理由

難民への物資より現金がもっと必要な理由があります。 現在、全世界の難民数は2千万人に達して、そのうちの大多数は、子どもたちです。 国際救護機関はこれらの面倒を見るために孤軍奮闘しているが、今年の夏、世界食糧計画(WFP)が資金不足を理由に中東地域支援を中断するなど困難が多いです。

海外開発研究所(Overseas Development Institute)とグローバル開発センター(Centre for Global Development)は、最近発刊した報告書を通じて難民救済事業の改善策と’現物の代わりに現金’を提案しました。

世界の色んな開発途上国政府が貧困層に現金を支援する政策を展開しているのに対して、昨年一年間で、人道主義団体に入ってきた寄付のうち、現金は6%に過ぎなかったのです。 難民らに、現金を直接支援しない理由にいくつかが挙げられが、まず極度に厳しい状況に置かれている難民たちがお金を賢く使うことができない可能性が高いという懸念があります。 いわゆる”欠乏の考え方(scarcity mindset)”とは、貧困層のストレスのために未来の利益に比べて現在の利益の価値を過大評価するようになるという理論です。

難民-物資より現金がもっと必要だ

問題は救護機関が難民たちの需要にきちんと対応していないということです。 ある所には必要ない物資をいっぱい送って、いざ必要な物品は不足した場合がよく発生します。 UNの調査によると、イラク内のシリア難民の70%が救護団体から支援された物品を現金に変えた経験があるとします。

また、現物支援は難民たちに絶対的に不足した資源の一つである”力量”を開発するのに役になりません。 人間的な生活を送るためには社会的認定や政治的な声を出し権利なども必要なものです。 しかし、長い列を作って救護物資を受け取るべき生活は難民たちに羞恥心を与えてくれます。 これに対して現金支援は目立たず、難民らの行動半径と選択肢を広げることができます。

難民に現金を支援しようという主張にはいつも様々な懸念の声が従います。 一国に外部からお金があれば、その国の通貨価値が値上がりして、貿易収支が悪化しかねないというのもその一つです。 IMF経済学者たちは1980、90年代に金で援助を受けた国が輸出産業を発達させなかったという点を明らかにしたことがあります。 現金が流入されれば、支援を受ける国で食料品や家賃のような生活必需品の価格が上がり、むしろ貧しい人たちの困難が増幅されるという指摘もあります。

現金支援が難民に役立つ

しかし、難民に対する現金支援は少し違った問題です。 大半の国家で、全体人口対比難民が占める割合は非常に小さいからです。 また、現物で支援する方式は、マクロ経済的な影響が全くないこともありません。 外部から物資とサービスが大量に流入すれば国内の産業が打撃を受けるからです。 靴一足を赦免途上国児童に靴一足を寄付するトムズ(TOMS)・シューズの場合、支援される国家の独自靴製作産業に被害を与えることができます。

現金支援には実用的な長所もあります。 送金技術の発展で不正腐敗を暴露しやすくなりました。 実際にレバノンのシリア難民たちに現金が支給された事例で腐敗があったという証拠は明らかになっていません。 配送と分配費用が少なく入るのも長所です。

もちろん、すべての商店がドアを閉めてしまう極端な状況では支援を受けた現金が無用の長物である可能性があります。 しかし、難民たちにより良い生活の機会を与えるためには、今より現金支援が多くならなければならないです。

ソース http://www.economist.com/news/finance-and-economics/21666232-cash-transfers-rather-handouts-kind-would-help-aid-refugees-go

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *