赤ちゃんはなぜ笑うのだろうか

赤ちゃんはなぜ笑うのだろうか-ロボットで研究する

親たちと接触した時に、 赤ちゃんはなぜ笑うのだろうか。 赤ちゃんの笑いにはどのような目的があるのだろうか。

ロボットがこのような人間の心理研究にまで活用される時代が開かれた。 コンピュータ科学者とロボット科学者、発達心理学者が協同研究を通じて多くの親たちが疑念を持っていた事実を確認した。 つまり、赤ん坊は接触している人たちが自分に笑ってくれるようにするため、笑っているということだ。

これと共にコメディアンが聴衆の反応を最大限に引き出すことができるタイミングに合わせてジョークをするように、赤ちゃんは、精巧なタイミングに合わせて、苦笑いをするという事実を突き止めた。 一緒にここにはちょっと変わった点がある。 赤ちゃんは可能すれば、あまりよく笑わないながら、そういうタイミングを合わせるようだということだ。 このような事実は、科学ジャーナル’PLOS ONE‘9月23日に掲載された。

赤ちゃんはなぜ笑うのだろうか

研究陣は多くの科学者たちの発達心理学者、コンピューター科学者そしてロボット研究者が一緒に協力研究を行った。 今回の研究は、米国科学財団がロボットを活用して人間の発達に対するより深い理解を助けるために志願した研究の一つだ。 研究陣は発達心理学者たちが自閉症患者と一緒に話ができなかったりしない子どもと成人を対象にした研究でロボットを主な道具に活用できると説明した。

今回発見した事実を証明するため、研究陣は、ロボットが研究対象の子どもたちと一緒に行動するようにプログラミングをした後、大学生たちと接触するようにした。 すると、ロボット自身は可能な限り少なく笑うが、大学生たちは多く笑うようにすることが分かった。

赤ん坊13人のうち11人が意図的に笑って

論文の共著者であり、カリフォルニア州サンディエゴ大学の機械の遅延研究所Javier Movellan博士は”赤ちゃんと接触する際に、これらが笑えば何か望むことがあるのではないか疑問を持つことができる。 赤ちゃんたちはただ笑ってるほうがない”として、”しかし、これを証明することは容易ではない”と話した。

研究員たちは赤んぼうたちが実際に願っていることが何かを知るために、ロボットに頻繁に使用されている道具の最適制御理論(optimal control theory)に注目した。 この方法でロボットが特定の目標を持って特定の行動をするようにデザインしてプログラミングした。 そして赤ん坊らの目標が彼らの行動を通じて表現されるようにヨクソルギェした。

実際の母親と赤ん坊の関連資料では四ヶ月未満の赤ちゃんと母親13組を対象に彼らがいつどれくらい頻繁に笑ったかとを含めてお互いに顔を合わせて接触した時の先行観察研究を活用した。 Olin College of Engineeringに在職中のPaul Ruvolo教授は”アルゴリズムを通じてデータを処理した後、研究員たちはその結果を見て驚いた”、”私たちは赤んぼうたちが何の目的意識なく笑ったり、お互いに見ながら笑いをやり取りすることだと思った”と話した。

Movellan研究員は、標本の大きさがたとえ小さいが、今回の研究は統計的にとても意味が大きいと強調した。 制御理論分析によると、研究対象である13人の赤ん坊の中11人が意図的に笑いを建設するという事実が明らかにした。 Movellan研究員チームは数年間、人間と非常に近いロボットをプログラミングするために努力してきた。 Ruvolo教授は”私たちは社会性のあるロボットを開発するために人間発達の情報を注入する目標を立てた”と話した。

四ヶ月が過ぎないうちの赤子も行動目標いる

このような過程通じ、研究員たちは赤んぼうたち行動を模倣したプログラム開発して、これMovellanチームが、過去似たような研究のために活用したことがある赤ちゃんロボット移植した。 そして個別的に32人大学生たち3分間接触させた。 この3分間ロボットは四つの異なった行動の一つを示すようになっていた。 一例として、ロボット大学生たち笑うたびによって笑ってくれるようにプログラムされた。 ディ漏れたこの赤ちゃんのように行動する時、大学生らはこのロボットたくさん笑っていないときたくさん笑っている母のように行動するように指針受けた。

論文の共著者であるマイアミ大学のDan Messinger博士は研究資料に基づいて、母親と赤ん坊の相互接触の際に生じるしばしの沈黙期についた赤ん坊たちの反応をモデリングした。 彼は”今回の研究が独創的なものは、かつての赤ちゃん-母相互関係に対する研究に比べて基本的に多様なパターンを見せたという点”として、”ママさんと赤ちゃんがお互いの相互接触で何を得ようとしたのかは言えないが、赤ちゃんは、たとえ生後四ヶ月が経っていなくても母親との相互接触で望む目標があるということを発見した”と話した。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *