象はどうして癌によくかからないのか

象はどうして癌によくかからないのか

象はどうして癌によくかからないのか。 がんはすべての多細胞動物からすべて生じる可能性があります。 多細胞動物の場合一つの個体が持った細胞は分裂回数に制限あります。 なぜそうなのかについてはまだ100%理解してはいないが、とにかくそれは明らかな事実です。

ところでもし、細胞が分裂回数に制限なく無限増殖することになれば、すぐにがん細胞になります。 きちんと機能することもできない細胞が正常な細胞を侵犯することになれば、結局、死に至るまでのことです。

ところが、そこに逆説があります。 ペトウィ、逆説(Peto’s Paradox)と呼ばれるこの逆説はクジラやゾウのように大きな動物が癌によくかからないということです。 常識で考えて、細胞が悪性の変化をする可能性がすべての多細胞動物で似ているならば、細胞が多いほど、がんによくかからなければなりません。

象はどうして癌によくかからないのか

動物細胞の大きさは動物ごとに似で、小さな動物より大きな動物がより多くの細胞を持っています。 例えば、象は人より100倍も多くの細胞を持つことができます。 大くじらはこれよりもっと多くの細胞を持っています。

科学者らは象解剖を通じて癌で死んだ象がほとんどないということをよく知っています。 現在まで研究によると象の癌の死亡率は4.81%に過ぎません。 これははるかに小さく、寿命も短いアフリカノ、犬(African wild dog)の8%に比べて低いのはもちろん、一生のうち、がんにかかる確率がおよそ1/3程度の人と比し非常に小さな確率です。 これは象が人ほど長生きするだけでなく、細胞数が遥かに多いという点を考えれば、驚くべきことです。

したがってこのメカニズムを究明するのに多くの科学者たちが関心をみせたが、もしかしたら、がんの予防と治療に決定的な手がかりを発見するかも知れないからです。

象の特別な遺伝子

以前から象がガン発生率が低い理由が癌抑制遺伝子のためだという事実は知られています。 例えば、がん細胞を抑制することが知られたTP53遺伝子の場合、人間や他の動物は一つだけあるが、ゾウは20個も持っています。

アリゾナ大学の生物学者カルロ・マリ(Carlo Maley)は、TP53遺伝子がガン細胞自体の発生を抑制するよりも、すでにできたがん細胞を効果的に除去するのに役を与えていることを実験を通じて証明しました。 放射線や他の要因によってDNAが損傷し、がん細胞が生じるのは動物ごとに似ているが、これを除去する防御メカニズムに差があるというのです。

これらは象の細胞と正常人間の細胞、そして遺伝疾患であるLi-Fraumeni syndrome(LFS、TP53の不活性化とp53遺伝子に異常が生じた遺伝疾患)にかかった人の細胞を利用して研究を進めました。 放射線調査を通じて、悪性の変化をした細胞を(正確に言えば、lymphocytes)観察した結果、明らかにTP53この多くの順で簡単に細胞死(apoptosis)が発生しました。

簡単に説明すれば、TP53遺伝子が多い象細胞は細胞が悪性の変化をする場合、簡単に死滅する一方、人間の細胞は彼より少なめに死滅し、LFS同じがんによくかかる遺伝疾患があれば簡単に死滅しないということです。

多分も象がこのような遺伝的な防御メカニズムを持つようになったのは巨大な体と長い寿命のためです。 もし、がん細胞を除去するある特別なメカニズムがなければ、このように細胞の数が多く、寿命が長い動物はすぐに癌にかかって死んでしまいます。

このような原理を人からすぐに適用することは難しいが、とにかくガンがよくできる遺伝的な要因を明らかにするのは、癌の予防や早期発見に大きく役立つものです。

ソース http://jama.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=2456041

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *