英国の大衆文化の成功は大英帝国の没落のおかげか

英国の大衆文化の成功は大英帝国の没落のおかげか

英国の大衆文化の成功は大英帝国の没落のおかげか- 今年秋、スパイアクション物の古典007ジェームズ・ボンドシリーズが24目作品’スペクター’で再び観客を探しています。 ジェームズ・ボンドの世の中には相変らずお酒とセックス、爆発物が溢れ、英国は超大国であり、政治的な正しさのようなものは目にすることができません。 シリーズの前作がそうだったように、この映画は全世界的なヒットを記録することです。

映画だけではないのです。 大英帝国の太陽は消えてしまって久しいが、今日の英国の文化支配力は依然とします。 全世界で二番目に多く売れた小説(The Lord of the Rings)は、英国産です。 英国のミュージシャンたちは、世界的なチャートを占領していて、ドラマは地球の反対側、中国でも人気を集めています。

英国の大衆文化の成功は大英帝国の没落のおかげか

最近、歴史学者のDominc Sandbrookはこの主題で論文を発表しました。 彼は英国文化ブームの根で最も広く使われている言語である英語の役割から、広告を受けておらず、英国の広告業界をむしろ鍛えたという公営放送BBCの役割に至るまで、様々な要因を挙げています。

その中でもサンドブルックはビクトリア時代が現代の英国大衆文化の復興に大きく寄与したと主張します。 英国では産業化が早く行われたおかげで都市化が速く、国民の識字率も高まりました。 雑誌、公演場などの文化が早く花を咲かせました。 帝国の歴史のおかげで、田舎の邸宅、階級制度、寄宿学校、冒険家など、小説の素材と背景になるような要素も多様に取りそろえています。 アンドリュー・ロイド・ウェバーとJKローリング、サイモン・コウェルは、大英帝国が敷いた線路の上で走っている言っても過言ではないということです。

歴史と大衆文化

イギリスの歴史と現代大衆文化強国としての英国を結びつけるやり方には二つあります。 一つは以前紹介した通り、産業化と帝国主義を濾過し、今日の世界人の愛を受ける文化コンテンツが誕生したというのです。 開拓精神を強調する米国や、20世紀初め暴力を伴った激変を経験したほかの欧州諸国や東アジア諸国とは違い、英国は過去と持続的に友好的な関係を維持してきました。

しかし、むしろ大英帝国の衰退が英国を大衆文化強国で作られたという説明も可能です。 植民地市場が突然消え、新興強国と世界市場で競争するようになりながら、英国は急に後期産業社会に入ることとなります。 工場を中心に繁栄していた都市が衰退し、失業率は跳ね上がり、憂鬱なムードが、国全体に広がっていきました。

しかし、このような背景は映画<ビリー・エリオット>、<フルモンティ>、バンド・スミスとオアシスを産みました。 ドイツのバーデン・ヴュルテンベルクでノエルギャラガーような独歩的なミュージシャンが誕生することは想像し難いことです。 非常に傲慢かつ反抗的で市場でよく売れている氏のキャラクターは英マンチェスターの雰囲気と切り離して考えることはできません。

また、帝国の終焉が近付いて、英国の文化芸術人たちは、世界市場を狙ったコンテンツを作らなければならないということを実感しました。 ジェームズ・ボンド、ビートルズ、ローリング・ストーンズなど2次世界大戦以後、ヒットしたイギリスの文化商品は大半が世界市場を念頭に置いて作られたものです。 強い地域色を帯びたり、英国観客だけを狙ったコンテンツは人気を集めなかったでしょう。 アデルやワン・ダイレクションも外部の影響力を積極的に受容し、海外市場で成功を収めた例で、このような伝統を続けています。

今日の英国はEUとの関係、核兵器、移民、中国との関係など複雑な課題を前にして、アイデンティティの危機を経験しています。 まるで英国が強い欧州国家や米国の51番目週のうち両者択一しなければならないような雰囲気もあります。 しかし、英国の政策決定者らは英国が大衆文化部門の経験をもとに強い力と謙譲、保護主義と国際主義、自負心と好奇心を兼備したハイブリッドパワーに生まれ変わることができるという事実を想起しなければならないのです。

ソース The spectre of past glories

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *