自分が世界の中心という考えを捨ててください

自分が世界の中心という考えを捨ててください

自分世界の中心という考えを捨ててください- 心理学研究があなたの人生を変えることができるでしょうか。 多分大部分の心理学研究はそうしないでしょう。 例えば、エール大学のある仲間は記憶に関する脳科学的研究と赤ちゃんがどのように社会的集団を理解するか、そしてサイコペスがどう決定を下すかについて研究します。 この研究は心の作動方式を理解することを目標にしており、その発見はもしかしたらいつかはこの世の中をよりよくするかも知れません。 少なくとも研究費提案書にはそう書いています。 しかし、その効果がすぐ現れているわけではありません。

しかし、例外もあります。 これらのうち相当数は社会心理学分野の結果です。 この分野に説得、人種差別、性格、恋愛などと関連された、驚いたし、有用な結果があります。 そしてこの社会心理学研究して私の人生を最も大きく変えたのは、まさに自意識についたものです。

自分が世界の中心という考えを捨ててください

2000年に発表されたある実験で心理学者Thomas Gilovichと彼の仲間たちは学部生たちに彼らが望んでいないシンガーソングライターのBarry Manilowが描かれたティーシャツを着るように作りました。 他の学生と同じ部屋で一定の時間を過ごした彼らに研究陣はどれほど多くの彼らがそのティーシャツに気づいたかを聞きました。 学部生たちは彼らが実際見たことよりはるかに多くの人たちが自分のティーシャツを見たと思いました。 多くの実験で人々は実際よりもっと多くの人々が自分を見ると考えることが明らかになりました。

Gilovichはこれを”スポットライト効果”と呼んでいました。 私たちが自分の考えや姿、行動を気にするのは非常に自然なことです。 David Foster Wallaceはこれを”あなたが持っていた経験中あなたが一番中心がなかった経験はない”と表現しました。 このため、他の彼らも私ほど私自分を気にするという考えを避けることは難しいです。 バカみたいなシャツを着ている時は私はそのティーシャツに神経を使っており、このため、他の彼らもそうだっと思うことになるのです。

また日常で経験するようになる喜びと悲しみを考えてみましょう。 先週のパーティーでした不適切な言葉のために私は依然として気分が悪いんです。 昨日は素晴らしい発表をした日だけど今日は日柄が悪いことができます。 今年私は心理学概論を熱心に講義をしました。 この年には大まかに済ませました。 このような気持ちの変化はあまりにも明確なので私たちは他の彼らもこれに気づいたと思います。 しかし、ある研究は他の人たちが考えていることだけに、他人の感情をあまり気にしていないダゴッを見せました。

本音はよく現われないということに関する実験もあります。 人たちに嘘をついたり、何かを隠しなさいと要求した時、彼らは他の人たちが自分らの嘘を気づくことができると思います。 ここでもスポットライト効果は間違いを作り出します。 ダイヤモンドを盗んだ後、ポケットに入れて、そのダイヤモンドがどこにいるのか分からないと嘘をついた時、私たちはそのダイヤモンドが実は自分の懐にあるという事実に非常に気を使うようになり、このために他の彼らもこれを簡単に気づくはずだと考えるようになります。 しかし、実際にはそうではありません。 人らの嘘は、思ったよりももっとよく受け入れられます。

スポットライト効果

このような研究から、国民は自分から解放されかねないという実質的な教訓を得ることができます。 自分の暮らしをうまく顧みる時に私たちは自分が失敗した理由の一つが他の人たちが自分に対してどう思うかに対する心配のためだったことを知り合いになります。 Gilovichと彼の仲間たちはこのような結論を下します。

私たちはアブラハムリンカーンの言葉のように”人たちは、(我々が言った言葉や行動に)あまり気を使わないで、長く記憶することもない”は言葉を肝に銘じることで、より充実した人生を向けて用心深く一歩を踏み出しができます。 もちろん、リンカーンは自分の演説と、特にこの文章がこんなに長く記憶されているという点では間違っています。 しかし、リンカーンさえも、このような価値のある言葉をたくさん残すことはできませんでした。

私たちは自分の自意識を落とすことに作る環境に自らをおくことで、このスポットライト効果を勝つことができます。 社会心理学者Gustave Le Bonは1895年、人たちが集団に属しとき自意識が部分的に消えるということを発見しました。 “群衆の中の個人は風によって舞い散る砂の中の砂と同じだ。”時には群れに入れることにより、人々は愚かで残忍な行動をしたりします。 あるいは、パーティ会場で、コンサート会場で、Bar Mitzvah(ユダヤ教の成人式)で個人と他人の境界は薄れ、他の彼らと共に行動することにより、我々は大きな喜びを享受することができます。

自意識の調節

自意識を下げるため、他の人たちが必ず必要なものもありません。 このような”deindividuation”を得られる簡単な方法もあります。 酒と興奮剤は自意識を下げ、これは事実、私たちがこれらを楽しむ理由のひとつです。 どんな活動に完全に抜けた状態を言う”没入(flow)”状態の時は、韓国は自分を忘れられおり、瞑想を通じてもここにこれをできます。 私はビデオゲームも自分を忘れさせるとはっきりと言えます。

もし自我意識を高めたい場合は、他の人があなたを見ている状況を作ればいいです。 これは事実常識に属するものです。 しかし、ただ壁に人の目の形を描くことだけでもそんな効果が発生すると言ってあなたもびっくりするでしょう。 人たちは、目の形の絵があるときに善良な仕事をもっとたくさんして悪いことをおろそかにします。

自意識を上昇させなければならない場合があることはします。 しかし、そんなに簡単な問題はありません。 ある人たちは、スポットライトで出てくるのはもっと自由にするだけでなく、より多くの肯定的な効果をくれると言います。 例えば、瞑想を通じて自意識を下げることにより、人々は偏見を捨てることになり、他の人により共感するようになるという証拠があります。 つまり私たちは自分が宇宙の中心という考えを捨てることで、すべての面でより良い人間になることができるだろうという意味です。

ソース Stop Being So Self-Conscious

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *