脳は訓練すれば、変化する

脳は訓練すれば、変化する

脳は訓練すれば、変化する -この100年間、脳科学の最も代表的な研究成果の一つに挙げられていることが、’脳可塑性(neuro-plasticity)’に関するものである。 ‘脳は訓練すれば、変化する’という命題が人間の脳だけに、持続的かつ強烈に適用される対象がないということには驚きと当然らしさが共存する。

脳を持つ他の脊椎動物たちは時間が流れても周辺環境に大きな変化をもたらしはないが、人間は頭の中に浮かべた想像を現実に作り出す創造的能力によって時間の流れ自体が環境に多大な影響を及ぼすためだ。

脳細胞は新たにできない?

脳細胞は一度持って生まれたら永久的に損傷、消滅するという既存の仮説を覆す研究結果は科学界に大きな衝撃を与えた。 もちろん、すべての神経細胞が増加するというものはない。 脳の中でも特定部位の神経細胞だけ増殖することが知られていたが、その中で代表的なものがまさに’タツノオトシゴ(hippocampus)’だ。 脳で記憶の調節を担当する部位で’記憶の製造工場’ともいわれるタツノオトシゴ、脳科学の通念を破った研究成果をまず見てみよう。

1999年グールドとグロスは科学雑誌’サイエンス(Science)’に変わった論文を発表した。 猿にどんな刺激を加えたとき、海馬にある神経細胞の数が増加することを発見したのだ。 翌年の2000年8月、ロンドン大学のエレノアメグヮイオ(Eleanor Maguire)教授が米国科学アカデミー会報(NAS)に掲載した論文は独創的な見方で今も多く活用されている。 くもの巣のように複雑なことで有名な英国ロンドンのタクシー運転手の脳を調査した結果、ベテラン運転会社ほど、海馬が大きいという事実を発見したのだ。

学習との相関性の研究もある。 米国のトレイシーショオス(Tracy Shors)教授が2004年8月’神経科学ジャーナル(The Journal of Neuroscience)’に発表した論文によると、ネズミの記憶力を調査する過程で物事を学習させると、ネズミの海馬神経細胞が増殖された事実を発見した。 興味深い点は記憶力が優れたネズミほど、新しい神経細胞が多く生まれたというわけだ。

えさと水だけの単調な環境と多様な遊びの環境を整えたところで生活したねずみを実験した結果、後者の海馬が大きく流れ、その後、何もない環境にいるネズミを刺激的なところに移すと数日ぶりにタツノオトシゴの神経細胞が増えたという研究結果も出た。

2013年に発表された研究結果は注目に値する。 2013年、スウェーデンカロルリンスカ研究所・ヨナスプリセン(Jonas Frisen)博士の研究が’セル(Cell)’に掲載されたもので、海馬神経細胞の年が全部各自まちまちということだ。 20世紀の持っていた脳細胞に関する既存の理論は、いまや昔のことになってしまった。

脳は訓練すれば、変化する-脳可塑性の原理

それなら、’脳可塑性’の研究成果が示す驚くべき事実を私たちはどのように活用しなければならないかな? 多くの人たちが’私の脳をどのように発達させられますか。’と尋ねるが、質問を変えなければならない。 ‘今私は私の脳をどう思っているのでしょうか?’と。

もしかして心臓や上のように無意識的に生物学的機関であると考えていはしまいか。 例えば、問題が生じたほかの身体機関を変えるのと脳を変えることは全く別の問題だ。 人体で唯一精神活動を担当する生物学的機関である’脳’を変えれば、人が変わる問題が起こるからである。

地球上に存在する生命体のうち、人間の脳だけに、複雑な構造と機能を持つ存在はなく、生まれて以来、これほど多くの脳の変化をもたらす存在も断然ない。 集中や没入、過去と未来を行き来する想像、’私は誰か’に代表される内面探索もまた人間の高等な精神能力だ。

頭脳啓発は脳と体が一つ、すべて連結されたという認識から出発する。 一般の大人たちが脳について持つ最も大きな誤解は第一、脳をしわくちゃな頭蓋骨だけと認識すること、二つ目無意識的に脳を一つの身体機関と考えているということだ。

体と脳の間の情報の通り道を円滑にすること、すなわち身体運動をするのは体をよくするというより頭脳機能を発達させるという表現がより正確だ。 脳がすることは基本的に外から来る情報を察知することだが、その外の代表的なものが’体’だ。 体に変化を与えれば、脳が覚めることだ。

脳が嫌いなのは刺激がないのだ。 神経網に変化をもたらしてくれないからだ。 体を鍛える運動から何かを学んで学習する過程、人との有機的な関係形成にまでこのすべてのものが新しい神経網に変化を作り出している。 多くの経験が重要なことも、知識情報より体験情報が新しいシナプス形成にはるかに有利だからだ。

いつも同じ目で世の中を眺めていないのか、私を感動させることがある瞬間消えていないか振り返ってみなければならない。 ‘脳可塑性’の偉大な発見が投げかけるメッセージだからだ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *