組織を台無しにする方法-CIAのスパイ指針

組織を台無しにする方法-CIAのスパイ指針

“すでに決定された事項を再び取り出して疑問を提起しなさい”、”すべての規定を一文字も欠かさず適用せよ”、組織を台無しにする方法-CIAのスパイ指針

どうしてこんなに言って同僚が迷惑な人は’スパイ’かしれない。 英紙インディペンデントは最近、機密解除された米国中央情報局(CIA)の報告書を引用してCIAが、戦時スパイにこのような指針を下したと1日(現地時間)報道した。

CIAは2次世界大戦中の1944年’簡単な妨害工作現場マニュアル’という報告書をまとめた。 この報告書は敵対国に浸透したスパイが職場でできる妨害工作を説明している。 特に同報告書は’摘発される可能性を最小化しつつも、組織を台無しにする可能性のある行動’に焦点を合わせた。

組織を台無しにする方法-CIAのスパイ指針

CIAが’公式認証’した妨害工作はどんな行動になるのだろうか。 先ず先ず仕事を引きずっとした。 緊急の時突然会議を開こうと言ったり、可能なすべての事項を”もっと考えてみよう”、委員会に任せるよう提案した。 議論が長くなるように、委員会は、できるだけ多くの人員で構成して、5人以下であれば絶対駄目だと言った。 会議で可能な限り長く話して、逸話や個人的な経験をすらすらと並べなさいと言った。

典型的保身主義に責任を避けようとする態度も良い妨害工作とされた。 事案が業務領域にはずれるのではないか、上の意味と衝突しないのかずっと計算するのがよい例だ。 報告書はすべての要請を文書にして送るよう要求して、会議録などの文書の些細な表現が正確かどうかについて、もめとした。

書類様式を満たすといえば字を不明確に書いたり、一つや二項目を落として送るなど、それとなく間抜けなふりをすることも、仲間たちの中破れるようにする方式で推奨された。 上司の指示は聞き取れなかったふりして、可能な伝えとした。 特に仕事をいつまで処理できるかどうかについてあいまいにすることが重要だと言った。 職場の同僚とはできるだけ仲良くし、まるで内部の消息筋があるようにふるまい、流言を流しと提案した。

仕事がうまくいかない時にはどうすればよいだろうか。 報告書は断固として’延長のせい’をするよう勧めた。 “成果が悪ければ悪い道具のせいに原。 絶えず文句せよ”ということだ。

CIAはこのような行動が”微妙だが非常に破壊的”とした。 しかし、インディペンデントは”普通の職場で、このようなことを簡単に出くわすことがある”と指摘した。 多くの英国のネチズンも”まるで我々の職場の話のようだ。 ‘スパイ'(?)がそんなに多かったけ”と共感を示した。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *