精神的問題で苦痛を強いられている博士課程の学生

精神的問題で苦痛を強いられている博士課程の学生

精神的問題で苦痛を強いられている博士課程の学生 -博士号を取得するのが容易ではないということは、皆が知っている事実です。 ある人は夜を徹して働いたり、食事を欠かさないと無事に博士をすることがないとまで話したりします。 博士過程が簡単であろうと期待するほど純粋な博士課程の学生は、まれです。

それでもよく取り上げられない苦しみが一つあります。 それは心理的な問題です。 物理学博士過程で過ごした時間は人生で最も苦痛な時間でした。 知的能力でができなかったのか、仕事がつらいからではありませんでした。 精神的に崩れていっていたからです。 私はまともな支援を受けられず、孤立しており、不確実な状況の中でさ迷うました。 パニック障害が帰ってくることは日常でした。

精神的問題で苦痛を強いられている博士課程の学生

学界の多くの人たちが精神健康の問題で苦しんでいるという事実を知っていたなら、彼のように寂しくはなかったのです。 バークレーで発表した2015年の研究によると、約47%に上る大学院生がうつ病で苦しんでおり、2005年の研究では約10%に上る大学院生が自殺を深刻に考慮したことがあると回答しました。 2003年にオーストラリアで行われた研究によれば、学界の従事者たちが精神健康の問題を経験する比率は、全人口に比べて三倍で四倍ほど高かったです。

多くの大学院生たちは高強度の知的労働に慣れています。 憂うつ感を統制しようとする努力が思うように進まないときは自らを責めたりします。 孤独感も本に埋もれてあるいは実験室で一人で働くことに多くの時間を過ごす大学院生たちに負担になります。

博士課程の学生が経験する精神的困難

また、博士課程の学生たちは詐欺師・シンドローム(imposter syndrome)をよく経験したりします。 精神的に深刻な問題があるという信号が現れる前、これも内の心理的問題の一つでした。 学界でキャリアを積んできた過程は純粋に運に過ぎず、学部課程と修士課程で得た高い成績は並行政上のミスとされました。 これは私の憂うつ感と同様に不安感を刺激しました。

ニュージャージー州で社会学教授として従事する’リンダ’は’詐欺師・シンドロームは優れた成果を示している学生たちが彼らと同等レベルの学生たちに囲まれた時、よく起こる問題’と指摘しました。 “自らが十分な能力や資格がない詐欺師だと感じるのはありふれたことであり、そう感じるのはただ自分自身だけだと信じたりします。”

最後に、博士課程に進学する予定か、進学中の学生たちの場合、学界の人材市場で経験するようになる現実を直視してしっかりした計画を立てられるのは、特に重要です。 不確実な未来は学生たちが払わなければならない負担だが、自分の正体性の全てを大学院にかけていない場合、負担感に締め付けられるケースが一段と少ないです。

“もし、教授になることが夢なら、そうではなかった場合人生がどのようであるかについても、一度ぐらいは考えてみてください。”リンダは言います。 “その他に何があなたを幸せにするんですか。 仕事の代わり、家族、友達、趣味が与える面白さを通じて暮らしのバランスを取ることを目標にしてください。”

ソース There’s an awful cost to getting a PhD that no one talks about

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *