精神健康のためにしなければならない16種行動

精神健康のためにしなければならない16種行動

新年目標に’健康’を優先順位に置く人が多いです。 健康だとすれば、ほとんど身体の健康だけを話しします。 今年は精神健康の増進にも気を使ってみるのはどうですか? 精神健康のためにしなければならない16種行動.

私たちは依然として精神病に対する社会的なスティグマによって個人の精神健康の世話をすることに無頓着な傾向があります。 しかし、健康な感情を持つことはすべての人にとって極めて重要な問題です。 全世界的に四人のうち1人の割合で一生で一度は精神健康による問題を経験するためです。

不安やうつといった問題を経験しないとしても、精神健康の増進に向けて努力するのは2016年をあなたの人生で最高の年に作ってあげられます。 精神健康はあなたが日常生活でどう考え、感じて、行動するかを決定しながら、あなたがストレスに対処して決断を下して、他人とコミュニケーションする術に影響を及ぼします。 あなたが精神健康を増進させることができる方法は次の通りです:

精神健康のためにしなければならない16種行動

1.医師と話してください。

身体健康を増進させるために努力するさい、医師に助言を求めるように、精神健康を増進させるためにも医師に助言を求めてください。 精神科医師だけでなく、家庭医学科の医師たちも基礎的なうつ病テストと精神健康相談をすることができます。 彼らはあなたの必要に応じた精神科医を紹介させてくれるはずです。

2.感謝を表現してください。

研究によれば、あなたが監査することについて表現をすれば精神健康が増進されるそうです。 例えば、あなたの子犬とかあなたが一番好きな音楽がラジオに出てくるもののような些細なことであってもです。

3.瞑想をしてみてください。

瞑想は集中力の向上だけでなく、精神健康にも役になると言います。 瞑想には様々な方法があるが、簡単な瞑想も十分助けになります。 朝起きたり、夜に目が前に5分程度は瞑想をしてみてください。

4.日記を書いてみてください。

文を書いたのは自らを自由にして、カタルシスを与えることができます。 日記を書いて見たり、日常で感じる不安に対して紙に書いてみるのも役になります。 2012年の研究によると、ストレスを受ける原因について書いてみてその紙を丸めて捨てる行為自体が頭を清くしてくれるんだといいます。 専門家らはまた、不安感によって眠れない時、その原因について、文章を書いてみるのをおすすめします。

5.心理治療を受けてます。

心理治療は対話の治療から行動治療まで、非常に多様です。 精神健康専門家があなたに最も適した治療法を推薦していただけます。 あなたが日常で接する問題とストレスについて話をすることだけでも精神健康に大きく役立ったことができます。 憂鬱や不安について理解できるように訓練された専門家と話をするのは、その症状に対処できるのに役立ちます。

6.一週間に何度でも運動をしてください。

運動をした場合、脳では、エンドルフィンが分泌されており、これは即刻的な肯定的感情を呼び起こします。 可能ならば、野外でする運動がもっと大きく役立っています。 研究によると、周りの人と自然で一緒に歩く場合、うつ病の症状が緩和されるそうです。

7.あなたの周り人々に頼ってください。

2011年研究によると、一番親しい友達と時間を過ごすのはストレスを緩和させるのに大きな助けになると言います。 また、多くの研究が人間関係が精神健康にとても重要な要素であることを報告しました。 周辺の愛する人たちと最大限多くの時間を送ってください。

8.自らを教育してください。

精神健康について、自分自身を教育してください。 精神健康は自らの心がどんな状況が置かれているか知っている場合、はるかに管理しやすくなります。 例えば、いくつかの精神病気は遺伝的な原因がとても強いです。 また、多くの精神疾患は身体的な症状で現われたりします。 あなたから現われる症状と疾病について、できるだけたくさん知って、周辺と専門家に助けを求めるのは精神健康増進に大きく役立っています。

9.バランスの取れた食事をしてください。

バランスの取れた食事をするのは身体の健康だけでなく、精神健康にも大きく役立っています。 果物と野菜をたくさん摂取して、クルミやほうれん草と一緒に脳の活動を活発にしてくれる料理をもっとよく聞いてください。

10.悲しい音楽を聞いてください。

研究によると、別れの後に悲しかった音楽を聞くことはむしろ治癒に役に立つそうです。 悲しい音楽を聞きながら流す涙は、科学的に治癒効果があることが明らかになりました。

11.旅行してください。

たまには世の中を眺める観点を変化させるために風景の変化が必要です。 実際、私たちは旅行が自分の人生を肯定的に変化させたという経験談をよく聞きます。 研究はこの結果を後押しします。 休暇を計画して待つ過程は幸福感を増加させてくれるんだといいます。 休暇の中では物価に近い所に行くというのが人を少し落ち着いて作ってくれるとします。

12.もっと寝てください。

睡眠不足は、私たちの身体健康だけでなく精神的健康も害します。。 研究によると、睡眠が不足する場合、感情を調節することがさらに難しくなると言われています。 反対に精神健康が良くない場合、睡眠が不足することもあります。 毎日10分ずつだけ早く寝床に入ってみるのも役になります。

13.電子機器を遠ざけてみてください。

私たちは、ソーシャルメディアが各自の幸せな瞬間だけを捕捉するということをよく分かっています。 にもかかわらず、私たちは他人がソーシャルメディアに掲載した楽しいパーティーシーンや新しい車、またはきらめく婚約指輪などを見ながら嫉妬心を感じたりします。 研究によれば、人々はペース、北朝鮮をしながら、他人との比較を通じてうつ病症状を見せられるとします。 それなら治療方法は何でしょうか。 休息をとることです。 あなたの精神健康のためによく携帯電話を見しないでください。

14.他の人に親切を施してください。

研究によれば、親切さは回ると申します。 もしある人が他人のために良いことをすると、他人は幸せになるようになって親切を施した人も一緒に幸せになるそうです。 とても小さな行動でも変化を起こすことができます。

15.’いいえ’とする法を学んでください。

一人でいる時間を確保することは重要です。 会社でも会社の外での疲れは、人を消尽(バーンアウト-極度の疲労感を感じる状態)させます。 集まりに出たくなかったら出ないのも方法です。 仕事の量があまりにも多いと考えられた場合、声を払わなければなりません。 自らの面倒を見るのは利己的なものではありません。

16.他の人たちと精神健康について話してください。

精神健康と関連された自分の経験を分けているのは、むしろ人の役になることもあります。 多くの芸能人たちが精神健康問題について話したことから、韓国社会が精神健康問題に関心を持つようになったのと同じように。

精神病に対する社会的なスティグマを無くすことができる唯一の方法はまさに精神健康に関して引き続き対話を交わすことだけです。

ソース 16 Ways To Improve Your Mental Health In 2016

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *