私に役立つ助言も聞きたくない小言で聞こえる理由

私に役立つ助言も聞きたくない小言で聞こえる理由

私に役立つ助言も聞きたくない小言で聞こえる理由 – 人たちを観察してみると、一つ興味深い点を発見することができます。 私たちは皆何かを成し遂げるために努力して競争します。 もっと早く走り、さらに創意的に住んで、賞を受けて、病気をもっと治療して、お金をもっとたくさん儲けるために努力します。 ところでもしあなたが何かを成し遂げようとする人を助けるためにすれば、あらかじめ覚悟した方が良いですね。 暖かい激励の言葉と知恵を伝えても、建設的な批判や非常に包括的なアドバイスを渡しても、聞く人はその言葉を聞いてもらえないでしょう。

一応、我々の自尊感が問題です。 つまり人は誰でも自分が定めた期待に応えた人生を生きたいが、誰かに批判されたり、少しでも苦言を聞くことになるような状況そのものを自我と自分のアイデンティティに対する莫大な脅威と受け止めています。 しかし、この数十年間、心理学の理論と研究を通じて明らかになったように、人は自分を向けた批判を肯定的に受け入れた一種の自己欺瞞戦略を開発してきました。

私に役立つ助言も聞きたくない小言で聞こえる理由

どんな助言を聞いた時、ひとまず防御的な姿勢を取ることになってあまり気分がよくないのは当然です。 聞いた瞬間から助言を両手を広げて歓迎する人はいません。 このような本能的な反応は、一応、我々の心がけがをすることを防ぎます。 しかし、同時に逆説的にこのような反応のせいに私の中の不安定性、性格上の欠陥、意地悪な態度などが浮き彫りにされることもあります。

知らないのが薬だ

人の忠告を流して聞いたり、無視するなら、選択と集中、そして自分自身を騙すのには長けていなければなりません。 例えば、人たちは、慎重に自分に向けての褒め言葉だけを選んで聞いたり、自分が得意なことに関する評価だけを聞こうとして、私も知らないうちにいつも私を良く見てくれる人たちから受ける評価をしたりします。 しかし、このように称賛と厳しい批判を選別するも容易ではないから、ただすべてのアドバイスや評価そのものに耳を閉ざしてしまうのが最も簡単な方法ではあります。 “最初から耳を閉ざしてしまう”戦略は教育を受けた学生たちの間にも見られます。 たまに学生らは課題に対する先生の評価を正確に理解しなかったり、見向きもせず、行き過ぎたりします。 また、体重を調節しとかタバコをやめるとか、健康について医者が言う小言が聞きたくなくて病院に行かないようにあらゆる方法を動員して最大限構えてまた、粘る人たちも私たちの周辺にいくらでも多いです。

このように望ましくない”故意的な無知”は長い間心理学の研究対象でもありました。 一実験で、学生たちは”TAA欠乏症状”という深刻な疾病に関する教育用映像を視聴しました。 事実TAA欠乏症税とは、ありもしない虚構の疾患として、この映像も実験用に作成したものでした。 しかし学生らは、この事実を知りませんでした。 映像を視聴した後、研究陣は、学生たちにTAA欠乏の有無を検査したければ口腔内部を採取し検査できると知らせてくれました。 そして、半分の学生たちにはTAA欠乏症診断を受けると、2週間、薬を飲んで治療することになるのだと教えて、残り半分はTAAの欠乏は、一生薬を服用するしか治療法がないと教えてくれました。 2週間、薬を食べればいいと聞いた学生らの中には、52%が口腔の採取に同意した反面、一生薬を食べなければならないと聞いた学生の中には口腔の採取に同意した学生が21%に過ぎなかったのです。

健康に関する同様の実験をする度いつも似たような結果が表示されます。 つまり、人たちは、何か難しいか、めんどうな仕事をしろと助言に特に拒否感を示します。

私の過ちではない。 あなたのせいだよ。

知らないのが薬だとしても、いつも望むように聞きたくない小言は全部削除して聞きたい言葉だけを聞きながら生きることはできないものです。 多くの場合、我々は自尊心が傷つけられて心がけがをするのを防ぐために他の方法を書きます。 このような自己欺瞞戦略のうち、最も簡単な方法一つには、’責任転嫁’です。 過ちは私にいるが、他のあらぬ所を非難するでしょう。

例をあげてみます。 私たちは他の人より思わしくない成績表を受け取ったとき、たいてい私より良い成績を上げたその人の他の傷を先に調べて出します。 私がどこが不足したのか考えているのは後のことです。 このような具合です。 “その子が私より成績はよく出てきたのだが、私がその子より性格が良くてそれで友達も多いよね。”誰もが自分の長所や人の傷を水増しして話したりします。 ただ、研究結果を見ると、人々は競争者にことになる時、相手をはるかに激しく非難します。 私たちの人柄になれなくてそうなのではありません。 実は彼女は私たちが何かに失敗した時に崩れたり、放棄したりせず、自尊心を守るのに大変効果的な方法です。

過酷な評価や批判を受けたとき批判するのに一番良い対象は、まさにその評価や批判をした人です。 ハーバード大学のダグラス・ストーンとシェイルラヒンは”助言、ありがとうございます。(Thanks for the Feedback)”という本にこんなに使いました。

誰かに助言をする時は聞く人が私の話をまともに理解できないようだ。 逆に誰かから助言を受ける時は言う人が全く気が聞きづらいように話をするようだ。

私たちも心理学者と大きく違わないという事実を告白しなければならないようです。 最近私の研究論文を検討した学術誌審査委員が論文のどの部分が不足して残念だと”この部分をもう少し神経を使ったとしたら、私たようだ”と書きました。 ところで英語の原文は”better with more effert”などと書きましたが、’effort’といなければならない単語を間違えに書きました。 その部分を読む瞬間、審査委員の明白な誤用・脱字だけが目に入って論文を審査する前に、呉・脱字から正すようにと恥を与えるかどうかする気がしたりしました。 論文をすべて読んでみもせず、しの評価を私たちに送ったんじゃないかと言う気がしました。 綴字法の一つ守らない人の評価に私たちが耳を傾けなければならないが、疑問が離れてませんでした。 ところが、間もなくずっとこんなにだけ考えると私たちの論文を引き続きもっと良い方向に切り替えていくことは困難という気がしました。 それでも私が不足した部分に自ら寛大で、人を非難する姿勢は明らかにつらい心の傷を取り込むには効果が優れていました。

助言を渡した人の傷を浮き彫りにして私の間違いをなだめることが不足したら、その次の段階で私が犯したどんな過ちがまさに今私にあのアドバイスを渡す、説教する人のせいだとさらに追い立てる方法があります。 実際に、たまに私たちが助言を行う人を逆に評価して時には非難している姿を見ると、私たちの中に潜在した偏見の最も醜い面がそのまま明らかになったりします。 カナダのウォータールー大学の研究チームは生徒たちに自分が入ったいくつかの授業で受けた単位とともに、その単位をくれた教授がどうだったのか評価してくれと頼みました。 学生たちの評価を総合してみたら、いい単位を受けることができなかった学生であればあるほど、該当教授に対する評価も泊しました。 悪い単位という結果の責任を分散しようとしたのです。 決定的に単位が低い学生は特に女性教授に批判的な評価をしました。 これは、良い単位を受けた学生たちからは全く現れない傾向です。 自分が勉強をできなかったり、授業に追い付いていけなくて成績が低かったのではなく、教授がよく教えなくて成績が低いと強弁したい学生らにとって、教授の性別によって差別する物差しを突き付ける態度は非常に効果的な方策だったのです。

丈夫なメンタル

さらに、私に大きな役に立つ有用な評価やアドバイスまで、本能的な抵抗感を呼ぶ時があります。 しかし、このように助言を防御的に内政は反応は純粋に本能的なんでしょうか。 それともこれを避けたり抑制できる方法は、もしかしたらないでしょうか。 もしそれが可能なら私たちは使い物になる助言を受け入れ、韓国の問題点を補完してさらに早く目標を達成することができるのです。 結局,我々を開発して鍛えるのに周りの助言と忠告ほど大きい影響を及ぼすことがないが、問題は我々がここに耳を傾けて受け入れてこそ、その効果が出るというにあります。

我々が今提示する方法がぜひやってみたい心を呼び起こしていないことも、問題といえば問題です。 望む目標を達成できないのは残念なことだが、その目標を達成するためにも、批判を聴きながら私の過ちを認めることもできれば避けたいことです。 そうだとしても自尊感に怪我を負わせたのがあまりにも恐れたら、もしかしたら我々が我々自身をどうしてこんなに肯定的に見ようとするのか一度振り返ってみるのもこのジレンマを解決できる良い方法になることができます。 実際、研究結果を見ると、人々は自分自身に関して最も肯定的に思う点をまず考えてみて、過去にそのような特徴のおかげで仕事がうまくなった記憶を思い出した時に先立ち、TAA欠乏症状実験のような医学的診断結果をもっとたくさん確認しようとしました。 この研究結果は、高い自尊感を経験してみた人がそうでない人より他の人のアドバイスを開かれた姿勢で受け入れる可能性がクリラは見通しを下支えします。

したがって、望まないニュースや小言にさらに開かれた者になろうとするならば、事前に感情的な盾を予め着用して’メンタルを堅固に’することが役に立つことができます。 ここで感情的な盾は私に対する評価が良かれ悪しかれ私の肯定的な自我をそのまま守ってくれる役割をします。 事実、私たちがすべての助言や評価そのものを、最初に望んでいないことや否定的なものと認識すること自体が問題である可能性があります。 有名な心理学研究によると、人は自ら考え方によっていくら望まないことでも楽しくすることを決めて自分自身を説得すれば、実際にそのことを楽しくすることができます。 聞きたくない小言にも同じ方法を適用できるでしょうか。 ぎすぎすした助言、傷となる評価、嫌な小言も私たちが切に願って聞くようになる大切な滋養分だと私たち自分に注文を覚えられませんでしょうか。

米国の研究陣はこれと関連して、一つ実験をしました。 研究陣は実験参加者に様々な歴史的事件が起きた正確な年度を合わせて見るという課題を奪われました。 正解に近いほどもっと多くの賞金を受けたことでした。 研究陣は正解を公開しないまま、実験参加者に同じ問題をまた出しました。 代わりに、今回には他の参加者たちはこの問題にどう答えたのか希望すれば確認できなかったが、何が他人の答えを無料で見ることができたし、どんな問題は、賞金の一部を出してこそ、人たちが書いた答を見ることができました。 当然人たちは無料で見ることができる他の参加者の答えをより多く確認しました。 しかし、ただで書いた答を確認した後、自分が元々出した答えを変える人はほとんどなかった反面、お金を出して確認した人たちの答えによって自分の答えを直して使う人ははるかに多いです。 言い換えれば、人たちが何かの資源投資したり、人手を掛けて得た助言はどうであれ反映して自分を改善するのに活用しなければならないと思います。

なら、私たちが正直な評価と助言を受けようと積極的に努力して、たとえ評価がエスカレートして心が負傷してもこれを最小化するため、韓国が肯定的な自尊感をあらかじめ一生懸命に高揚したら、私たちを鍛えており、よりよい方向に導いてあげることが立派な助言を聞く準備がどの程度になるでしょう。 また、毎回助言を聞く度に、私の問題を直視せず、人のせいにする我々の本能的な反応を抑制して再び考える訓練を行うことができるでしょう。

いくらメンタルを丈夫に鍛えても冷静な評価で必要な教訓を得て私を矯正することはいつも難しいです。 科学的にどのようにすれば、これをもっと上手くできるか調べた研究は多いでしょうが、結局は助言を求めてこれを受け入れるか どうかは私たちの選択にかかったことでもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *