現実的なモジュラースマートフォン

現実的なモジュラースマートフォン-フェアフォン2

モジュラースマートフォンをグーグルだけ考えているのではありません。 われわれに広く知られなかったが、フェアフォン(Fairphone)という名前の現実的なモジュラースマートフォンが2013年に登場しました。 そして2015年に再びペアフォン2が公開されました。 新たなフェアフォン2は2GBメモリと32GBストレージ/microSDスロット、5インチ1920×1080ディスプレイスナップドラゴン801とロリポップ5.1を使用しています。

もちろん、モジュラースマートフォンであるため、各部品はお互いに交代が可能です。 例えば、基本カメラは800万画素だが,もっと高いことが後にアップグレードが可能です。 グーグルのプロジェクト’アラ’と違う点はそれぞれの部品がネジで組立されて組み立て過程は時間がちょっとかかるか知らないけど、代わりに割れたり、陥る恐れはないというのです。

現実的なモジュラースマートフォン-フェアフォン2

フェアフォンはモジュラースマートフォンということだけが特徴がありません。 また、他の特徴は文字通り公正貿易スマートフォンという特徴を持っています。 、一応紛争地域鉱物を使用しないことはもとより、労働者に正当な対価を与えて生産した部品だけを使って説明しています。 そして収益の一部は低開発国家の教育インフラのために投資されます。

5286

それだけに、フェアフォンはあまり安くないです。 525ユーロまたは585ドルという価格は本当はもっとよいスマートフォンを購入できる価格なのです。 目的はいいが、モジュラースマートフォンの普及のために価格を少し安く作る必要があります。

モジュラースマートフォンが成功するためには交代が可能な様々な各モジュールが存在しなければなりません。 フェアフォンの場合、よく売れるスマートフォンがないだけに、モジュールの数が限られていて修理が楽ということ以外にすぐには現実的なメリットがないのも問題だとします。

78463

しかし、コンセプト面では組立て式PCとかなり類似していると思います。 これからグーグルのプロジェクト’アラ’もこのような方式で行われたらどうかと思います。 少なくとも陥る心配はしなくてもいいためです。

ソース http://www.gizmag.com/fairphone-2-details/39611/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *