現代人の睡眠時間

現代人の睡眠時間-短くない

現代人の睡眠時間-短いない。 白熱電球(人工照明)、テレビインターネット。スマートフォンの共通点は何だろうか。 19世紀末から始まった人類の発明品を出た順序どおり並べれた。 これらの発明品の共通点は人たちの睡眠を奪っていったということだ。 せいぜいたき火や灯火がすべてだった人類は電球の登場で夜が白々と明るくなっと、活動時間が大幅に増え、同時に睡眠時間が大幅に減ったというのが広く知られている話だ。

ここにテレビ(20世紀半ば)、インターネット(20世紀末)、スマートフォン(21世紀初め)が出て、このような傾向がますます深刻化し、今日の人々は深刻な慢性睡眠不足に苦しんでいるということだ。

学術誌’Current Biology’11月2日付(10月15日、オンラインに予め公開)には、韓国が当然の事実と受け入れている上の説明が、あまり根拠がないという驚くべき研究結果が載せられた。 米国LAカリフォルニア大学の精神行動科学とジェローム・シゲル教授チームは現代文明と断絶されて、依然として狩猟採取に依存して暮らしている3つの不足を対象に睡眠パターンを研究した。

現代人の睡眠時間

19世紀末、トーマス・エジソンの白熱電球の発明は現代人の慢性的な睡眠不足の1等功臣とされてきた。 この論理によると、睡眠パターンが日の出、日の入りに影響を受けた現生人類の先祖らは睡眠時間が現代人らがよりも長かったことだ。 しかし、今日も狩猟チェチュイインに住んでいる人たちの睡眠パターンを調査した結果、産業化された地域の人たちとあまり差がないことが分かった。

研究対象である3つの不足は、アフリカのタンザニアの’ハドゥジャ’族(南緯2度)、南アフリカカラハリ砂漠に住んでいるサン人(南緯20度)、南米ボリビアの’チメイン’族(南緯15度)だ。 アフリカの二部族は、現生人類のキウォンジに住んでいてチメイン族が住んでいるところはほとんど地球の反対側だ。

研究結果、彼らの睡眠時間は平均5.7~7.1時間で産業化された社会に住んでいる人たちの平均値とあまり変わらなかった。 前仮説によると、これらは日が暮れた後すぐ眠っているために平均睡眠時間が一段と長いものと推定された。 日が沈む時間と眠る時間を分析してみよう平均3.3時間差があった。

現代人の睡眠時間-短いない

つまり、日が暮れた後も三時間は覚めているということだ。 一方、目が覚めた平均時間は日が昇る1時間前までに分かった。 つまり外が暗いときに大体起きている。 結局は産業化された地域の人たちとの差は絶対に睡眠時間ではなく、眠る時間帯に、電気文明を知らない狩猟採取人は韓国より二三時間先に寝て先に起きるという言葉だ。

一方、季節によって睡眠時間に変化があったが、夏に比べて冬に一時間ほどもっと寝た。 それでも覚める時間は日が昇る1時間前ほど似ていた。 ところで、このようなパターンに例外があった。 サン人の場合、夏季の平均起床時間の日が昇るて1時間後だったのだ。 代わりに夏には夜に眠る時間がかなり遅れた。 一方、緯度が同じ地域に住むチメイン族では、このようなパターンが見えなかった。

研究者たちは日没のほかにも水面に影響を及ぼす要因があると推測して温度を調べた。 ちなみに三の不足は熱帯または亜熱帯地域に住んでるから家に冷暖房装置が別にない。 調査結果興味深いパターンが出た。

つまり、睡眠時間が周辺温度が下がる時間帯と一致したのだ。一日の中で周囲温度は太陽の影響を受けるが、日が暮れた後、徐々に離れて、日が昇る直前、最低温度となって日が昇ると急激に上がる。 そして太陽が中天のときからさらに二、三時間過ぎた午後に最も温度が高い。 結局、人工照明や人工冷暖房の影響がない時に人は日光の当たらない期間中でも温度が最も低い時に眠るということだ。

ところが、地形的な影響で、サン人が住む地域は、夏の日が昇った後にも一時間以上の温度が下がることが分かった。 したがってこの影響で夏には起床時間が日の出の時間よりも遅れたと研究者らは解釈した。

それなら人類の睡眠パターンはどうして日の出、日の入りパターンより温度周期にもっと精巧にされたのだろうか。 研究者たちは次のように説明した。 つまり昼に活動する人類は基本的に夜に休んだが、、恒温動物だから夜でも温度が最も低い時がエネルギーの観点で有利というかんだ。 温度が低いときには覚めていればその分だけエネルギーがさらにかかるためだ。

これは眠る時体温がやや低下する現象もよく説明してくれる。 周囲と温度差を少しでも減らして熱的発生にかかるエネルギーを最小化することができるからだ。 興味深いことに、睡眠ホルモンとして知られているメラトニンも日没を合図に分泌が開始され、数時間が過ぎてこそ効果がある。

睡眠の治療に霊感を与えている

一方、これら部族の言語には’不眠症’に当たる単語がないため、研究者たちはその症状を説明した後、不眠症を経験する人の割合を調査した。 その結果9%がたまにそういう経験をして2%程度がよくあると答えた。 不眠症で苦労する人の割合が10~30%の産業化された社会とは大きな差がある。

研究者たちは産業化された地域の人々から不眠症のような睡眠障害が多くなる現象を人工照明による日の出、日の入りパターンの崩壊とともに冷暖房装置による温度の周期の崩壊が主な要因だと説明した。 つまり地球の自転による日光と温度という外部信号が撹乱され、水面のリズムが崩れたということだ。 その結果、大多数の人々は睡眠時間帯が二三時間後に押され、多くの人たちは不眠症で苦労するという意味だ。

すでに水面の治療で光を調節する方法は広く使われている。 つまり夜にはなるべく照明の強さを下げ、特に短い波長(青い色)の光は避けなければならない。 今回の研究はここに加えて室内温度を調節する時の夜を昼より低めに設定し、人間の身体が自然の温度パターンと勘違いすることにしてやる必要があることを示唆している。

今回の研究で明らかになったもう一つの興味深い事実は、狩猟採取人この日に最も多く露出される時間帯が朝という事実だ。 太陽の光の強さだけで見れば、当然正午頃が一番強いが、この時と午後はとても暑いために影を探す。 つまりほとんどの期間暑い地域で狩猟チェチュイインに住んでいた現生人類は暑さが少ない午前に活発に狩猟採取活動を行ってきたこととみられる。

日差しに露出される程度とうつ病が密接に関連になっているということはよく知られている。 冬に昼が特に短い北欧で冬季うつ病患者が急増する理由だ。 興味深くも午前に日差しに露出された場合に、うつ病を緩和する効果が大きいという研究結果がある。 これも狩猟チェチュイインの生活パターンを見れば、一理ある結果だ。 したがって、うつ病や不眠症がある人たちは可能な午前に外に出て日差しを浴びるのが役に立つんと研究者たちは付け加えた。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *