物流自動化を助けるロボットOTTO

物流自動化を助けるロボットOTTO

物流自動化部分は現在もすでに多くの部分が開発されています。 継続してもっと増えている物流量を処理するためにもっと発展する分野だと言えます。 すでにアマゾンをはじめ、多くの企業が物流自動化に向けてロボットを動員しています。 クリアパスロボティクス(Clearpath Robotics)という企業ではこれに向けた新たなロボットのオットー(OTTO)を披露しました。

物流自動化を助けるロボットOTTO.このロボットを見ると、アマゾンのKivaロボットシステムが連想されます。 しかし、この会社によると自社のロボットオートがKivaより進歩した幾つかの特徴を持っているとします。

otto_access-2

オットーは20メートルのレーザーを前と後に有しており、これを通じて周辺の地形を把握して正確に位置にたどり着くことができます。 つまり、KivaのようなロボットのようにバーコードシステムやあるいはRFID、その他のナビゲーションシステムを持った所でしか作動するのではないとのことです。

物流自動化を助けるロボットOTTO

オットーは500kg程度の重さを持っており、1,500kgの荷物を積んで運ぶことができます。 最大速度は2m/sです。 大きさは1190x1810x400mmです。

otto_specs-3

オットーは様々な物流センターや倉庫で、人の作業を手伝ってくれるよう製作されました。 結局はこれを通じてもっと少ない人員でより多くの物流を扱うことができるために自動化と見るのが正しいでしょう。 ある瞬間にはほとんどが自動化されて人がすることは監視と監督であるかもしれません。

すぐにそうなることはないが、すでに変化の趨勢は取り返しのつかないと思います。 これも人間をきつい労働から解放するという良い意味と雇用を奪うかもしれないという悪い意味を一緒に持つようになるでしょう。

ソース http://spectrum.ieee.org/automaton/robotics/industrial-robots/clearpath-otto-can-autonomously-haul-a-ton-of-stuff

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *