死刑制度の未来

死刑制度の未来

死刑制度の未来 はどうなるんでしょうか? 死刑執行を控えた夜、Kelly Gissendanerは、死刑囚が経験する過程をすべて踏みました。 弁護士に感謝の挨拶をした後、身体検査を受け、チーズウェハース二つとアイスクリームに最後の食事をしました。 最後で自分が共謀して殺した夫とともに生んだ三人の子供に愛するという言葉を残しました。

これはすべてGissendanerの二度目の死刑予定日に起きたことです。 初めての日付を受けた時は悪天候で死刑執行場まで行く交通便はキャンセルされました。 今年3月、第二に受けた日には死刑執行室に座して死を待ったが、執行が取り消され、無期限延期されました。 死刑が実際に執行されたのは、9月29日でした。 その週に米国では三件の死刑執行が予定されていました。

そのうちの一つだったRichard Glossipに対する死刑執行も最後の瞬間に劇的に延期されました。 Glossipは1997年モーテルの主人の殺害を指示した罪で死刑を言い渡されたが、判決の根拠となったのは、実際に被害者を殺害した当事者の証言でした。 彼はグルロシプに不利な証言をして死刑を免れたために、Glossipが濡れ衣を着せられたという主張が継続して提起されました。

死刑制度の未来

このような事例は米国死刑制度の弱点を端的に示しています。 Gissendanerは1997年不倫相手に夫を殺してほしいと依頼して殺害ツールを提供した罪で死刑宣告を受けました。 不倫相手は有罪を認めてGissendanerに不利な証言をした見返りに、25年の懲役を生きれば仮釈放の機会を得ることができました。

GlossipとGissendanerの事件いずれも、実際に殺害現場にいなかった共謀者が死刑を受けて、手に直接血をつけた人はもっと弱い処罰を受けた稀なケースです。 死刑制度反対論者たちには死刑制度がどれだけ一貫性のない制度なのかを示す事例に挙げられます。

しかし、Gissendanerの事例は薬物注入という死刑方式の弱点を大幅に露にしたという点でもっと意味が大きいです。 薬物注入はすっきりとして確実という認識のために、ここ数十年間、最も人気を集めている死刑方法です。 しかし、Gissendanerの二度目の死刑予定日に執行が無期限延期された理由は執行に使用される薬物がぼやけて変わったということでした。 昨年には薬物を投与された死刑囚がなんと43分間苦痛を経験した末に死亡する事故もありました。

薬物注入という死刑方式の弱点

執行時のアマチュアリズムよりもっと大きな問題は、薬物を確保することです。 EUが死刑執行に使用される薬物の輸出を禁止し、製薬会社もそうした動きに参加しながら、死刑制度を維持している米国の州政府が必要な薬物をタイムリーに確保することが困難になったのです。

今月初めにはバージニア州政府がAlfredo Prietoという男性を死刑させるため、テキサス州にお願いして薬物を得てくる寸劇が起きたりもしました。 ジョージア州は2013年に死刑執行の細部事項を非公開情報とする法を通過させます。 製薬会社を保護するという趣旨だったが、死刑制度反対論者たちは、政府が薬物の出所を隠して製薬会社にも薬物購入の目的を知らせていないはずだと批判しました。

薬物注射型をめぐって雑音が生じ、、これは死刑制一般に対する世論を悪化させる可能性が高いです。 薬物注射型の代案は電気椅子、ガス室、銃殺などだが、人たちはこのように生々しくて、”衛生的でない”方式を嫌やがるからです。 Gissendanerの弁護人は彼女が死刑の日付を三度も受け、苦しみの中に待っていたのが米国憲法が禁止している”残忍で非正常的な刑罰”に該当すると主張しました。

Gissendanerを起訴した検事は再び事件を預かることになっても同じ決定を下すとしたが、彼女が逮捕された1997年以降、江山が二度は変わる時が過ぎました。 これまで社会雰囲気も大きく変わって、恐ろしい犯罪についても陪審員団が死刑の決定を下すことが次第に減っています。

それにもかかわらず、Gissendanerは結局、死刑執行室の床上で死を迎えました。 彼女の子どもたちはもちろん、ともに生活した収監者たち、バチカンまで乗り出して、救命運動を行ったが、決定は覆されませんでした。 Gissendanerは夫の家族に許しを求めて”アメイジング・グレイス”を歌いながら薬物注射を迎えました。 執行そのものは支障なく進行されたが、彼女が死刑囚として経験した全てのことを考慮した時、人間の命を奪う”きれいな方法”とは存在しないという事実を想起することになります。

ソース http://www.economist.com/news/united-states/21669895-troubled-execution-illustrates-why-death-penaltys-days-may-be-numbered-cruel-and

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *