オデッセイThe Martian

映画’オデッセイThe Martian’は科学的にどれほど正確でしょうか。

全般的にはとても良い映画です。 もちろん、いくつかミスはいるが、この映画は初めてで本当の火星について話しています。 今まで火星はただアクション物や恐怖物の背景だったです。 < オデッセイ The Martian >はファンタジー映画もなく、怪物が登場することもありません。 もちろん、いくつかの技術的なミスはあります。

ホコリの嵐

この映画のホコリの嵐は映画を通じて完全に言葉が成り立たないものとできる唯一の内容です。 火星の大気は地球の1%で非常に薄いです。 つまり、そうする必要も多分ほとんどいないが、火星に時速160kmの風が吹いても、我々には時速16kmの風が吹いているぐらいとしか感じられないでしょう。 倒れることはないですね。

< オデッセイ The Martian >

宇宙船

映画に出てくる宇宙船の直径と回転速度は実際に適切な重力を作り出すことができるほどです。 問題は、宇宙船がとても大きくて華麗ということです。 初の火星探査の旅行はSF映画に出そうな巨大な宇宙船ではなく、人は何人をかろうじて維持するような水準の宇宙船でかなうはずです。 コロンブスの航海以降、数百年が経った今日、華やかな遊覧船が大西洋を往復するようになったように言葉だよね。 コロンブスがそのような遊覧船を待ってたならどこにも行けなかったでしょう。

重力

火星の重力は地球の重力の1/3です。 つまり、宇宙人が痛かった宇宙服を着ていてもそんなに重く感じないということです。 75kgの宇宙人が75kgの重さの宇宙服を着てもまるで自分の体重は50kg程度であると感じるはずです。 しかし、映画には、このような点はよく表現されていません。 映画の最初の場面ではしごを上るとき、彼は大変に上がるように見えません。

水を探すこと

マット・デイモンは、ロケット燃料であるヒドラジンを、窒素と水素に分離します。 これは可能です。 そして水素を酸素に乗せて水を得ます。 これも可能です。 しかし、私が火星に捨てられたら、私は火星の土から水を得ます。 火星の土や氷河には水があります。 赤道付近で土の約5%は水で、極地の氷河も60%が水です。 実際の火星探査の時、貴重な酸素とヒドラジンをようやく水を得るために使うことはないはずです。 土を焼いて水を採取します。

お手洗い

この部分もやや非現実的です。 糞尿を処理する最も簡単な方法は、ビニールバックに入れて一日に一度ずつ乗せます。 今、極地探検でそうしています。 もし糞尿を化学処理して燃料、水、酸素に分離できるならば、もっと効率的でしょう。 しかし、映画では糞尿に名前を書いて密封して後日の研究に使うと言いますね。 私はこの糞尿を地球に持ち帰ったり、火星でこれを研究するのはちょっと話にならないと思います。

オデッセイThe Martian

奇抜な解決策

映画では、ある物好きが重力を利用した構造のアイデアを作ります。 おそらく映画を作ったこれらも、実際そんなことがあったということを知ったようです。 1960年代ねじの研究所で軌道分析家として働いたマイケル・美濃ビーチがそうでした。 彼が初めて木星、土星、天王星、海王星を旅行するボイジャー号の軌道を構想するとき、重力を利用しようと話すと、誰もその言葉に耳を傾けませんでした。 彼は映画と違って、非常に若い技術者でした。 当時、彼の上司らは、すでにだいぶ前に計算から手を引いた人たちだったに美濃ビーチは実際に彼らの前で黒板に計算をしていたとします。

前面が開放された宇宙船

ガラスを切り離した宇宙船が安全に火星を脱することができますか? これはおもしろい質問です。 大気は非常に薄く、、したがって、速度があまりに速くて、大気との摩擦が脅威になる前に十分な高度に上がることができるかという問題でしょう。 これはどんな速度で火星を離れかによって異なります。 多分1G程度の加速度に伸びるならば、1km/sの速度になる前に50km上空に進むだろうから、できます。

ビス(NASA)との通信

ねじは他の宇宙飛行士たちに主人公が依然として生きていると言わないです. こんなに言えます。 ねじは実際に2003年コロンビア号事故の時搭乗した宇宙飛行士たちに対してすべてのことを話しませんでした。 彼らがもしかしたら、その問題を自ら解決することができたのかも知れないという点では残念なことです。 私は彼らがこれを解決できたかは分からないが、彼らがこれを気付くべきだっと思います。 この映画からおかしな点は、すべての地球人たちがワットニーが生きているということを知っているにもかかわらず、別の宇宙人はこれを知れないということです。 今日、彼はできません。

宇宙ステーションに乗っている彼らは自由にメールをして使うことができます。 もう全ての通信をねじで管理することはありなという意味です。 宇宙人が地球の誰にでも連絡できるのは、実際に非常に必要です。 彼らが変な鉱物を発見したとしてみましょう。 鉱物学教授にすぐ連絡することがもっと早いんじゃないですか。 そしてコンピューターをどのように再び起動するか、でなければ閉めかなどの質問も同じです。 もしこのような質問をねじを通じてばかりしなければならないなら、宇宙人たちは、より息苦しかっます。

結論

米国の宇宙計画は、低迷しています。 ねじは2043年に人間を火星に送るつもりだと話します。 実際、この言葉は次の世代にこれを任せるという意味です。 しかし今、人類と火星の距離は1961年人類と月の距離より近いです。 2017年春に就任する米国の次の大統領が1961年、ケネディ大統領が見せた勇気と決意を持ったら、私たちはその大統領の二期目の任期が終わる前に火星に人類を送ることができるはずです。

この問題は政治的な問題だという意味です。 映画<オデッセイThe Martian>が私たちに伝えるメッセージです。 “私たちはできるます。 最善を尽くせば、私たちはすべての問題に対処することができます。”

ソース http://www.theguardian.com/film/2015/oct/06/how-scientifically-accurate-is-the-martian

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *