心配の多い人 創意的 天才

心配の多い人-より創意的であり、天才だ

周辺に’心配の多い人’1人ずつはあるはずです。 簡単な決定一つ降り続けるのに、あらゆる場合の数を計算して見ために時間が結構かかり、しなくてもいい心配までする人たちを見ていると私たちにまで心配が移ったりします。 ところが、最近発表されたある研究によると、こんなに心配が多い、時には神経質な人が、普通の人々より優れて創意的な場合が多いです。

英国ロンドン王立大学の研究チームは心配と想像力の間にも高い相関関係があることを明らかにしました。 人の性格を研究する神経生物学者Adam Perkins博士は研究の意義を次のように説明しました。

“否定的な考えを自ら何度も作り出している人たちは脳の中の内側皮質(medial prefrontal cortex)というところが活性化されています。 ここがする役割の中の様々な脅威を認識することも含まれるが、ここが活性化された人は相対的にもっと簡単に恐怖を感じて扁桃体の基底側細胞核部分(basolateral nuclei of the amygdale)もかなり敏感に反応します。”

“これはどういう意味かというと周辺に脅威的だと感じるものがまったくない状況でも恐怖を感じたり、強力な否定的な感情を呼び覚ますできるという意味です。 実際に神経が鋭敏したり、神経質な人が想像力が過度に豊富で、ありもしない脅威や悪いことを何度も頭の中で作り上げる場合があります。。”

心配の多い人-もっと創意的であり、天才だ。

一言でまとめると、心配が発明の母でもあり得るという意味です。 一度原理を把握してみれば確かに一理ある話です。 人類の偉大な発明は、大半が心配あるいは脅威に対する恐怖から触発されたからです。 原子力はエネルギーに対する心配のために、先端兵器は侵略受けるかも知れないという脅威のために、医学の発展は病気や死に対する恐怖から始まった場合が多いです。

Perkins博士は想像力が人間が持つ重要な才能の一つと言います。 “いつも気持ちの良いて幸せな、心配のない人たちの特徴は、概ねどのような問題について二度考えていないという点です。 このような人たちは問題をしぶとく喰らい付いていったことがないために日夜あらゆる問題について心配して悩んだ人たちより問題を解決する能力が相対的に落ちます。”

“私たちの周りによく知られた天才たちはたいていいつも苦悩に陥っており、天性の明るい人よりは憂鬱な人が多かったです。 神経が非常に敏感な人の場合が実際に多かったりします。 アイザック・ニュートン、チャールズ・ダーウィン、フィンセント・ファン・ゴッホ、カート・コバーンみたいな人の生涯を思い浮かべてみてください。 ジョン・レノンがこのような言葉をしたことがあります。 ‘天才は苦しい法’とです、この言葉ほど創意力と神経質的な気質の関係をよく要約した言葉もないようです。”

だからこれから心配を買っている周りの友達を見ると、むやみに指からしないでください。 もしかしたらその友達は本当にすごい天才かもしれません。

ソース http://higherperspectives.com/overthinking/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *