機内ワイファイ

徐々に増えていく 機内ワイファイ サービスの明暗

徐々に増えていく 機内ワイファイ サービスには明暗があります。 航空会社の間で機内(in-flight)ワイファイサービス提供はこれ以上のプレミアムがない大勢になっています。

先日、ルフトハンザ(Lufthansa)は軽整備時間や国内線航空便で機内ブロードバンドインターネットサービス提供を開始すると明らかにしました。 これはこれまで米国航空会社と比較すると、機内ワイファイサービス提供に消極的だった欧州航空会社でも本格的にサービスを開始するという点ですごく意味ある変化です。

全世界で唯一、すべての航空便に機内ワイファイサービスを提供してきたヴァージン・アメリカ(Virgin America)は、攻撃的な言動を続けて行き、ワイファイ競争に先取りした優位を強固にしようとする姿です。 ヴァージン・アメリカはオンラインビデオ提供会社のネットフリックス(Netflix)とパートナーシップを締結して機内でも近いうちに、ビデオのストリーミングサービスを提供する予定であり、人工衛星の製造会社ビアセッ(Viasat)との協力を通じて、家庭で使用するインターネットレベルで早い機内ワイファイサービスを提供すると明らかにしました。

機内ワイファイサービスの明暗

徐々に拡大される機内ワイファイサービスは、消費者たちの便利さを増進するという点で肯定的に見ることができます。 しかし、市民は少なくないように賦課される料金には多少不満を吐露します。 トリップアドバイザー(TripAdvisor)が行ったアンケート調査によると、団地10%の米国人だけが機内ワイファイ料金を出す用意があることが明らかになりました。 参考にユナイト航空(United Airlines)は、時間当たり美化5ドルもしくは24時間基準14ドルに、ワイファイサービスを提供しています。

もちろん、機内ワイファイサービスが拡大され、より多くの搭乗客がこのサービスを利用するようになると価格が下がる余地はあります。 現在は有料でサービスを提供している航空会社が機内マーケティング手段として、ワイファイサービスを利用するようになるとサービスを無料で切り替えることになる可能性も排除できません。

しかし価格に対する不満が減るとしても徐々に増えていく機内ワイファイサービス提供は依然として二つの側面で懸念されます。 第一は騒音です。 インターネット電話を利用する人たちが出すトンファウムや各種メッセージ受信や、アラーム音であり、機内が騒々しくなったら静かに時間を過ごしたい人たちの不快指数が確かに上がると思います。 第二は、多分に個人的ではあるが、様々な妨害要因の登場による生産性の下落です。 インターネットに接続されれば、業務用電子メールやフェイスブック、各種ゴシップ記事によって本当に大切な思いに集中する時間が格段に減少することができるからです。

ソース http://www.economist.com/blogs/gulliver/2015/10/connected-flights?fsrc=scn/tw/te/bl/ed/connectedflights

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *