履歴書に名前を覆うと採用が公正か?

履歴書に名前を覆うと採用が公正か?

履歴書に名前を覆うと採用が公正か? 先月末、英首相は職場での差別をなくすための政策を発表しました。 英国の公共サービス機関とHSBC、デロイトをはじめ、公共、民間部門の10社が求職者の履歴書で名前を隠したまま、採用選考を進行することにしたものです。 雇用主が名前で露呈する性別や人種情報を知らないまま、先入観なく採用するようにする措置です。 このような政策は、果たして効果があるでしょうか。

すでに他の国でもこのような政策が施行されたことがあります。 ドイツは2010年から履歴書の名前の選り分けに企業の自発的な参加を督励しており、2006年フランスは50人以上の事業場に対し、ブラインドの採用を義務化する法を通過させて昨年からこれを施行しています。 スウェーデンとオランダも似た制度を試験しています。

履歴書に名前を覆うと採用が公正か?

求職の過程で、少数者が名前のために損害を観るということはよく知られた事実です。 ドイツで実施されたある実験では、ドイツの名前を持った求職者の場合、トルコ風の名前を持った人に比べて面接を見に行くことになる確率が14%高いものと出ました。 名前を隠したところ、少数民族の求職者が面接を見に行くことが多くなったという実験結果もあります。 スウェーデンでは履歴書で名前を隠したところ、実際に少数者がより多く雇用されたという結果もあります。

しかし、効果が確実に現れない場合もあります。 スウェーデンで行われた他の実験ではブラインド採用が女性たちの就職の窓口を広げてくれたが、少数民族にはあまり役に立たなかったという結果が出ました。 オランダでは履歴書上で名前を決めることだけでは少数民族の雇用が増えなかったという結果が出てきました。 これは書類審査以降の面接の過程で差別が起きるという事実を思わせる結果です。

女性と少数民族の雇用

匿名性を完璧に保障するのも容易な問題ではありません。 2012年に発表されたフランスのある研究では履歴書で名前を隠しても、外国で生まれた支援者や貧しい地域出身の志願者が面接まで行くのが依然として厳しいということが明らかになりました。

研究陣は雇用主がアラビア語など履歴書上の他の項目を見て志願者の背景を把握したはずだと言った。 宗教対立が激しかった北アイルランドのようなところでは出身学校だけ見ても支援者の宗教を知ることができ、経歴に空白がいるのを見れば、支援者が育児休職をした女性であることを知ることもあります。 履歴書で名前を区別するのは良い出発点だが、採用過程で先入観の影響力を完全になくすためにはまだ遠いことのように見えます。

ソース No names, no bias?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *