安価な労働の時代は終わった

安価な労働の時代は終わった

安価な労働の時代は終わった – 今、育つ子供のうちにマクドナルドの職員が注文を受けてハンバーガーを渡すレジが何なのか知らない世代が間もなく登場するのです。 人が注文を受ける代わりに、タッチスクリーンを通じて注文から決済まで終えて待っていれば注文した料理が出ているシステムが普遍化される予定であるからです。 マクドナルドは最近英国の大部分の売り場にこのようなタッチスクリーンレジを普及する計画だと明らかにしました。 1950年代式の米国のファーストフードチェーンにどこか合わない服を着るようだが、技術の発展という時代の流れは、マクドナルドも避けていないわけです。

ところが、ただ技術の発達や便利さだけを論ずるにはこの計画が経済的に示唆するところが非常に大きいです。 賃金がとても低い低熟練労働者たちと彼らの単純な繰り返し業務を機械に代替して自動化してこそ、情報技術の発達に設けられた土台を活用した新たな産業革命が可能なためです。 最近、労働者の賃金が決定するメカニズムが根本的に変わるという経済報告書が注目を受けました。 モルガン・スタンレーの経済専門家らが作成した報告書だが、その内容を簡略に整理すると、次のようです。

この30年以上、企業の利潤はたいてい労働市場の供給超過のおかげに継続して上がった。 急速な都市化とともに登場した安価な労働力、そして女性が労働に参加し始め、労働市場には全般的に供給が常に十分だった。 最近になって開発途上国の都市化が頂点を過ぎて、各国の出産率が低くなり、労働力が少しずつ不足した領域が生まれている。 これは全般的に労働者の交渉力と賃金を引き上げてくれた。 マクドナルドがタッチスクリーンを導入することは、労働力の供給不足に備えている企業、資本の典型的な反応といえる。 結局、資本と労働の間のバランスが新たに当てられることで、1989年以後、持続的に増加してきた安価な労働力に基づいた企業の利潤は減るだろう。 そんな意味でトーマス・ピケ・ティー教授が予測した21世紀の不平等の深化は起きないだろう。

これらの報告書はダボスフォーラムに集まった既得権らには多分もピケのティの主張を反論したために賛辞を受けました。 しかし、よくよく考えてみると、不平等を減らし、社会的正義を具現しなければならないと信じる彼らにもこの報告書が予測した未来は決して悪いだけではありません。 ただし、その前に政治家、企業家、資本家だけでなく、すべての労働者、消費者たちの大々的な認識の転換が必要です。

4856

市場経済主義者たちは依然として雇用安定(job security)が革新を妨げるという主張を信奉しています。 この30年間、労働法と市場の慣行は労働者を雇用するのも、解雇することも容易で、簡単にするほうに変わってきました。 労働者らにもっと多くの賃金を要求したり、急に仕事場を失う心配しないよう安全装置を要求することはますます夢のようなことになりました。 勤務時間に応じて賃金を支払いながら仕事がなくて何もできなければ、賃金を一文も支給しない時間制契約(zero-hours contract)ではこのような労働市場の柔軟化を象徴する契約です。

安価な労働の時代は終わった

しかし、非正規労働者たちはこれ以上の悪条件にも適応している現実です。 期間制労働(temporary work)、短時間労働(part-time work)、一週間にわずか4時間だけ働いていてという契約が蔓延し、さらにはまともな契約もなく働いて何の予告もなしに解雇を通告されることがよくあります。 労働市場の柔軟化の結果、非正規職(precariat)が大いに伸びました。 どの国では全体労働人口の25%が非正規職でもあります。

5184

デルフト大学の経済学者たちは非正規職が蔓延した状況で、皆が行わなければならない社会的な費用を計算しました。 契約職労働者、短時間労働者、派遣労働者たちが増えることによって自然に彼らを管理して監視する管理職も増えるしかないです。 雇用に対する不安は信頼と組織に対する忠誠心を落とします。 結局、ソ連の経済を風刺した格言のように労働者たちは、ただ働くふりだけして、企業はあるいは政府は賃金を支払っているふりだけしている極度に非効率的な状況にだんだん近づいています。 論文の結論は次のようです。

雇用と解雇が簡単になり、私たちが失ったものは多い。 組織的な学習が不可能になり、組織内部で知識と経験を積んで伝授することが難しくなっており、これは革新を妨げて労働生産性を落とした。

このような閉ざされた状況を打開して再び労働者の賃金を現実的に上げる政策の成功は非正規職問題をまともに解決することにかかっています。 この5年間イギリスの労働者の実質賃金は下落を続けました。 これは左右を問わず、すべての政治家たちが賃金を上げなければならないと言います。 ところで言葉が容易ではどのように賃金を引き上げるかその方法は依然としてはっきりします。 労働組合に力を与えること、労働者代表に企業理事会のある地位を与えることは、いずれもその効果が制限的だと思います。

6498

マクドナルドを考えてみてください。 労働者が顧客に十分に親切ではなかったという理由で、日朝に解雇されて、時には過度に厳しい客が売り場に対する苦情を捏造して投稿でもしてはきた売り場の職員のボーナスが一瞬で削られてしまう殺伐とした状況が続く限り、労組も、理事会の席も根本的な解決策には遥かに及ばないです。

1960年代と70年代の経験に照らしてみると、職場の文化や、労働者たちの認識が変われば、その結果は実に凄くたことを知ることができます。 マルクス主義社会学者だったハーバート・マルクジェ(Herbert Marcuse)が嘲弄してやまなかった物質主義の奴隷に転落した労働者たちが1969年の歴史的な総ストだったイタリアの熱い秋を先頭に立って牽引したという点は、我々に示唆するところが小さくありません。

雇用主に、資本に奪われた賃金と雇用安定を要求する権利を労働者たちが取り戻して来るのに必要な作業で大きく次の三つを挙げることができます。

  • 雇用契約書を必ず文書で明示すること
  • 企業が雇用広告を出す時、当該職種の賃金がどの程度だろうと明らかにすること
  • 期間制労働、短時間労働の無分別な拡散を食い止めること

ここに政府も、非正規雇用労働者をむやみについている企業を徹底的に規制するという意志を見せなければなりません。 数日の間継続されるフェスティバルに雇用されたマスコットバイトたちに食事代や宿泊費をまともに支給していないため、彼らが公園で立ち寝して朝露を迎えながら眠りから覚めように放置しながら仕事をさせる企業は労働法によって処罰されなければなりません。 労働者の権利を構造的に蹂躙する雇用主は、いかなる形であれ、法の処罰を受けるように労働者たちの集団訴訟を奨励することも急がれます。

7852

英国労働党と保守党は我先に有権者の大多数の労働者達のために一生懸命働いていると自らをアピールする忙しいです。 空虚なスローガンず、非正規職問題をどう処理するかが本当に試験台になることです。 労働と資本の古い力比べの労働者たちにもっと有利な環境が造成されております。 このマクロ的な流れを読めない企業は50年前、イタリアの熱い秋にそうだったように苦境に立たされるかもしれません。

ソース http://www.theguardian.com/commentisfree/2015/sep/27/the-era-of-cheap-labour-is-over?CMP=share_btn_fb

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *