宇宙旅行すれば、脊椎筋肉弱くなる

宇宙旅行すれば、脊椎筋肉弱くなる

宇宙旅行すれば、脊椎筋肉弱くなる – 数ヵ月以上宇宙に滞在すると、脊椎を保護する筋肉が弱くなり時間が過ぎてもよく回復されないという研究結果が出た。

サンディエゴ・カリフォルニア州立大橋の研究チームは、国際宇宙ステーション(ISS)に4~7ヵ月間滞在して帰ってきた米国航空宇宙局(NASA)宇宙人6人を相手に調べた結果で分かったと明らかにした。

研究チームが宇宙旅行前と後に磁気共鳴映像撮影装置(MRI)で撮影した結果、これら宇宙人の脊椎の筋肉が平均19%減少したことがわかった。 地球帰還後1~2ヵ月後にもう一度測定しても減少した量の3分の2程度しか回復された。

宇宙旅行すれば、脊椎筋肉弱くなる

これは宇宙旅行や腰の痛みの関係を説明してくれることであり、有人火星探査など長期間宇宙旅行と関連した健康対策作りにも役だつものと研究チームは明らかにした。

研究チームによると、宇宙人70%が宇宙滞在数日間から腰に不便さを感じている。 地球帰還後は半分程度がひどい痛みを経験して椎間板(ディスク)からの脱出症が一般人より4倍も高い。

研究チームは、しかし、これらの宇宙人の身長を測定した結果、宇宙旅行前と変化がないとし、これは、既存の研究結果に配置されるもので、追加の究明が必要だと明らかにした。

これに先立ち、今年3月、国際宇宙ステーションで340日間宇宙旅行を終えて帰還したスコット・ケリーの背が約5センチ大きくなったと報道されたことが継ぐ。

当時、NASA当局者たちは”宇宙にあれば脊椎が高まり、背も同時に大きくなる”、”しかし、これは一時的形状であり、地球に帰ってきた後には元の状態に戻る”と明らかにしている。 実際のケリーの身長は二日ぶりに元通りに減少した。

これは宇宙では無重力、正確には宇宙船内部には重力がないほど微細化し脊椎椎間板の厚さなどが増えるためと説明された。

研究チームは、しかし、今回調査した宇宙人たちからはそんな現象がなかったとし、無重力または微細重力が身長とせき髄ディスクに及ぼす影響はもちろん、脊椎、筋肉の弱体化で椎間板脫出症の危険性が強くなるかをなどを追加研究を通じて究明しなければならないと話した。

さらに、腰痛患者に勧告するいわゆるコアの筋肉の強化運動や脊椎硬直と運動能力低下を緩和するためにするヨガなどが、宇宙飛行士訓練と復帰後プログラムに含めることが有益かどうかなどを検討する必要があると研究チームは付け加えた。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *