偉大な芸術を創造するに歳が問題なのか

偉大な芸術を創造するに歳が問題なのか

偉大な芸術を創造するに歳が問題なのか。 一日は人たちが作業室に座って泣いている日本の画家葛飾北斎を発見しました。 絵を、十分に身に付けなかったという考えのために泣いていた彼の年は80歳でした。 8年後臨終を迎えて彼は”10年だけもっと買っていたら、偉大な画家になったはずなのに、”と嘆きました。 我々の見方に葛飾北斎は確かに幼い時から頭角を現した天才でしたが、彼自身は70歳まで何もまともに作り出すことができなかったと思いました。 芸術家になるにはどのくらい長い時間がかかるのでしょうか。

もし早く死んだらどうするんですか? ラファエロ、ヴァン・ゴッホは三十七に死にました。 モジリアーニは三十五、ジェリコーは三十三、スーラは致命的な疾病で三十一に死亡しました。 スィルレは二十八に死にました。 もしゴーギャンがスィルレと同じ年に死んでたら多分私たちは彼の名前を知ることもできなかったはずです。 彼の最初の傑作であるは彼の四十に描かれました。

偉大な芸術を創造するに歳が問題なのか

開始が遅れた芸術家もいるが、(ヴァン・ゴッホは20代半ばまで絵を描きませんでした)最近の若い芸術家たちは大学時代から自分だけの色彩を露にしなければならないという圧力を受けます。 一方、ロルプルボストゥは早い成功が危ないかも知れないと警告します。 20代に注目を受けていたが、後に失敗に直面しが、普通その理由は”十分に努力する機会がなかったか、もしくは、十分に迷って見なかったため”です。

多分初めてには、たいした見通しもなく芸術作品を自由に創造できるが、一旦人間たちが関心を見せ始めば、業界で生き残るためにずっと同じ画風を維持しなければならないという圧迫感があります。 サムサシプ代に差し掛かった芸術家たちは画廊や潜在的顧客たちが受け入れるだけの新しいアイデアを思い浮かべるのに伴う困難を吐露したりします。

五十代になると、もう全ての苦労と労働、楽しさとともに長い間この仕事をしてきたという事実を悟るようになります。 ドガは自嘲を込めて曰く、”二十五にはみんなが才能が溢れてません。 本当に難しいのは休んだまでその才能を維持するんです。”五十には今までやってきたものよりもっと多くのプロジェクトが捨てられるという事実を悟ることになります。 七十には、ある芸術家たちはホクサ〓このように、注目と関心が離れていくことに関係なく、ついにある境地に達したという事実を悟るます。

芸術家の年

最も劇的な芸術は時々非常に遅れて来ます。 晩年の、ティツィアーノ、ピカソ、マティスのように、車椅子に座って、絵を描けない代わりにコラージュを考案したように、若い時よりもむしろ80代に差し掛かった時、一層過激かつ躍動的な画風を完成する場合もあります。 しかし、(時間があまり残っていなかったという)、緊迫感はどんな年にも訪れます。 四十八のジョージ・ショーは自分を天国に導く羽の付いた電車が近寄ってきていると感じながら、仕事に対する情熱をすばらしく持ちました。

永遠に芸術に身を捧げるないこともあります。 マルセル・デュシャンは最後の30年間、チェスをさして教えるのに費やしました。 そしてほとんどの芸術家たちに芸術とは、職業というよりも使命です。 今年百歳を迎えする偉大なキューバの画家カルメンエレラは八十九まで作品を売っていないが、毎日、朝起きて絵を描きます。 彼女は20代に急がないことを、そしてそのどんなものにも恐れないことを助言します。 “芸術家になろうと選択するのはあなたがありません。 芸術があなたの内部を蚕食します。 恋に落ちるのと同じです。”

ソース The seven ages of an artist

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *