依然として人気の高いMBA

依然として人気の高いMBA

依然として人気の高いMBA-経営学修士課程(MBA、The master of business administration)に対する批判は違和感のない話題です。 1950年代のフォード財団が後援した報告書は、この学位に偉大な点がなく、実際の業務と無関係だと指摘しました。 1980年代のビジネスウィークはMBA卒業生が疎通に下手で経営を理論的に接近し、4週間以内に最高経営者になるだろうという妄想に陥っていると批判しました。 2000年代にはエンロンやリーマン・ブラザーズが崩れ落ちた際、首長らがすべて華やかなMBA出身と批判されたりもしました。

しかし、MBAは依然として人気が多いです。 毎年、米国だけで19万2千人が学位を受けて、2014年前世界的に68万8千人が支援に必要な試験GMATに受験しました。 ピークだった2008年74万5千人よりは減った数字です。 不況の際には、経営大学院志願者が増えるためです。 行く所のない人たちが経済不況からしばらく体を避けるんです。

依然として人気の高いMBA

しかし、経済サイクルを除いてもいくつかの重要な問題があります。 最初はビザ問題です。 留学生らは卒業後の当該国で働くために留学を決心する場合が多いが、最も人気のある国家の米国と英国でビザをよく渡さないです。 米国の場合、MBA卒業生たちは、米国に残るため、H-1Bビザを’後援’してくれる企業を先に見つける必要があります。 3年勤務の許可が出て、6年まで延長することができます。 しかし、このビザの需要が供給を越えたかしたところです。

米国はH-1Bビザを毎年85000個に制限するが、(修士号は、20000個です.数日ぶりに底をつくます。 英国は学生ビザが終わる前に勤務、ビザを必ず受けなければその国家にとどまることができます。 こうして米国、英国に残るのが困難になると、カナダのような国々の人気が上がります。 カナダは、シリコンバレーに”H-1Bビザ問題で悩んでいますか。 カナダに来てください。”という広告をするほど、積極的です。

業界の状況はまだもMBA出身が人気が多いということを見せます。 の分析によると、89%の学生が卒業後三ヵ月内で職業を探して、年俸中間値は10万ドルでMBA以前の年俸より88%が高いです。 変わった点があるなら、銀行では以前のようにMBAを探していないというほどです。

アジア大学のMBA

アジアの大学も人気が多くなっています。 アシアナ、オーストラリア大学院志願者は2007年以来8.1%が増えており、アジア学校の順位も上がっています。 中国も、今後、経営大学院を増やす雰囲気です。

人気がない経営大学院は変化をために多様なプログラムを提供します。 ミシガン、デューク、ノートルダムなど著名な大学でも実務経験がない学部卒業生がすぐに進学するMiM(Master-in-management)プログラムを、比較的安価に提供します。 これは後にMBA進学を念頭に置いた学生らを予め集めてくる結果を生むでしょう。

ハーバードなど、少なくとも年万ドル以上が費やされる最高の人気大学は志願者がますます増える一方、万ドルができないMBAプログラムは志願者を失っているのもまた他の傾向です。 MBAプログラムが過度に多いという証拠でしょう。 しかし、経営大学院でMBAプログラムを軽減する可能性は小さいように見えます。 “MBAプログラムがなかったら、それが経営大学院ですか?”ホルトゥスクールの’ステファン・ホッジス’の言葉です。

ソース http://www.economist.com/news/business/21674826-mbas-remain-surprisingly-popular-despite-headwinds-still-must-have?frsc=dg%7Cd

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *