代替エネルギーの電力生産

代替エネルギーの電力生産, 25%を超えた英国

英エネルギーや気候ビョンファブによると、2015年2四半期の英国の電力生産で新再生エネルギーが占める割合が大きく増加して全体の25%を超えたそうです。 これは石炭や原子力が占める割合より高い数値です。 英国の国家エネルギーの比重で代替エネルギーの割合が非常に高まったことを示しています。

英国の代替エネルギーの電力生産は急速に増えました。 2014年2四半期と比較してもなんと51.4%という増加幅を見せました。 代替エネルギーの電力生産 が25%を超えました。

代替エネルギーの電力生産

各部分別に見ると、太陽エネルギーが115%で最も大幅の増加を見せており、風力発電、海上風力発電の急激な増加で65.2%という大幅の増加を見せました。 既存の石炭発電を木彫刻のような林業ごみで代替したバイオマス発電の場合、ドゥラクス(Drax)発電所が石炭からバイオマスに転換したおかげで、26.2%という増加を見せました。

太陽光発電が増加傾向が目立った理由は、やはり補助金のためです。 補助金を合算した場合には、設置費を勘案しても電気料金削減効果があったことが理由と思われます。 実際、このような太陽光人気は補助金が消え去ったり、減った瞬間、大きな幅の減少が予想されます。 しかし、すでに設置された太陽光パネルを撤去しないものであるため、今後、数十年間寿命が尽きるまで太陽光エネルギーを生産するものと思われます。

51842

英国は一般的に考えすることに自然環境に恵まれません。 しかし、一つの資源は非常に豊富です。 それは北海の強い風です。 北大西洋の強い風を利用した海上風力発電は島国である英国の代替エネルギー計画で欠かせない代案がなっています。

2015年2四半期に代替エネルギー生産が大幅に増えたために石炭発電の生産量は大幅に減少したという事実を知ることができます。 石炭、電力生産は前年比-27.4%という非常に大きな減少を見せました。 石炭発電は、温室効果ガスを含めて最も多くの汚染をする発電方式です。 このため、優先的な削減の目標となっています。

最近、シェールガスはもちろん、代替エネルギーの急速な普及で全世界の石炭単価は下落しています。 5年前までも想像しにくかったことだが、とにかく世の中は本当に早く変わるようです。

ソース http://www.gizmag.com/renewables-overtake-coal-uk-energy-mix/39602/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *