人為的地球温暖化

人為的地球温暖化に気候学者はもちろん、一般科学者の同意する

地球の気温が1800年代以前に比べ、上昇したというものとこれが人類の人為的な活動(温室効果ガス排出)と関連があるという 人為的地球温暖化 理論は、今は関連学会では定説と受入て久しいです。 そして気象学専攻ではない科学者らの間でも今はほとんど受け入れられたとしても過言ではありません。

このような事実は、以前研究を通じても知られているが、パーデュー大学のLinda Prokopy教授と彼女の同僚たちは、気候変化と関連しない専攻を持つ科学者たちがどれほどこれに同意するのかどうかを調査しました。 物理学、地質学、工学、天文学、生物学、化学などの多様な専攻を持つ科学者698人がアンケートに回答しました。​

67985

その結果、非専攻科学者の94%が、地球の気温が1800年代以前に比べて上昇したという主張には同意し、92%はこれが人間の活動による人為的な気候変化(anthropogenic climate change)ということに同意しました。 それぞれの同意の水準も同様に、一緒に調査されました。

人為的地球温暖化 科学者たちはみな同意する

興味深い事実は、この調査で、地球温暖化を否定する人たちが掲げた様々な迷信に対する意見も一緒に聞いてみたということです。 例えば、’現在観測される気温の上昇をほとんど太陽活動で説明できるのか?’という質問には強い否定(strongly disagree)に答えた回答者が多く、気候変化が二酸化炭素濃度と相関がないという質問にも強い否定に答えた回答者が最も多かったです。

今回の研究結果は以前に出た異なる様々な研究調査と似たような結論を見せてくれました。 気候関連専攻科学者に質問した場合、地球温暖化が人間の活動のためという意見は97-98%の支持を得ました。 この程度なら科学界では非常に高い水準の同意だと言えます。 疑いを美徳とする科学の特徴から、100%は出にくい数値です。

​事実科学者であれば、たとえこの分野を専攻にしなくても、学界の主導的な理論が人間活動による地球温暖化という点は容易に知ることができます。 多くの有名学術誌に掲載される内容が一方に収束するからです。 これは自分の専攻分野がなくても少し関心を寄せれば、ある程度知ることができます。

科学者一般大衆の間には認識の差がある。

​​この部分は一般大衆とは大きな違いがあるとすることができます。 地球温暖化問題における、科学者や一般大衆の意見を調査すれば、だいぶ違う結果が出る理由は、このような背景知識と環境の違いと言えるのです。 大多数の研究者たちが科学ジャーナルを注意深く眺めて科学コミュニティで関連知識を得ます。 したがって、彼らが一般大衆と認識で乖離を見せるようになるのは、もしかすると必然だ言うことができます。

研究の主著であるStuart Carltonはメディアが重要な理由になるだろうと言及しました。 (“The media probably do this for good reasons:They want to give each side of a story to try to be balanced、”)メディアは両側の意見を最大限聞き取ろうとする傾向を見せるため、科学界ですでに捨てられた意見でも同様の割合で報道されことができます。 もちろん、記者やマスコミがこの分野について知識が足りないのも一つの理由になることです。

研究チームは人為的な原因による地球温暖化に対して、すべての分野の科学者たちが大きな意見の差がないと結論を下しました。 ただ、一般大衆との意見は、相当な違いを示しうるが、これは背景知識と情報を得る方法の相違が主な理由と思われます。

参考 Climate change consensus extends beyond climate scientists

http://phys.org/news/2015-09-climate-consensus-scientists.html

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *