モジュール型自律走行車

モジュール型自律走行車-自由に変換可能

モジュール型自律走行車-未来にはタクシーとバスで自由に変換可能です。 自律走行車両の開発と電気自動車の普及はエンジニアに完全に新しい形の運送手段を夢見るように作る原動力となっています。 自律走行が可能な電気バスや電気タクシーは、実は始まりに過ぎません。

イタリアの’牛馬ゲチェルリン'(Tommaso Gecchelin)が設立したNext Future Transportation Inc.は完全に新しい形の大衆交通手段を提案しました。 彼らが提案した’ネクスト・フューチャー・トランスポーテーションシステム’は2.7メートルの長さの自律走行電気車両で構成されています。 既存のシステムと違う点はモジュール型にくっ付いてバスや電車のような機能をすることができるということですモジュール型自律走行車

モジュール型自律走行車

それぞれのモジュールはバッテリー、電気モーターや自律走行システムを持っており、6つの座席や立ち席で10人まで輸送することができます。 前後にドアがかかって連結状態では、乗客の移動も可能です。 既存のバスシステムと最も異なる点は路線や停留所がないというのです。 それぞれの乗客を乗せたモジュールは目的地から分離され、望む場所のすぐ前で乗客を乗せたり降りてくれます。 この過程は、スマートフォンアプリで可能だそうです。

モジュール型自律走行車

このシステムの長所はモジュール同士を結合する方式で車両の数を減らすことになり、道路の混雑度を減らし、多様なサービスモジュールを同時に結合することができるということです。 例えば、食堂車のようなものがあります。 また、各モジュールが分離されて目的地まで移動するため、既存のバスとは違って、行かない場所がなく、乗客も停留場まで歩いたり、待つ必要がなくなります。 タクシーと違う点はしたモジュールに数人が搭乗するので同じ大きさの車両に多くの人を輸送でき、大衆交通に向いているということです。

もちろんこの方式はまだコンセプトです。 実際の作動するプロトタイプの開発も2020年になってようやく可能だそうです。

未来にはタクシーとバスで自由に変換可能

しかし、未来に似たような形式の交通手段が可能かもしれないという想像は可能です。 バッテリー技術は、日々改善されており、現在試みられている道路での無線充電が可能になれば、事実上大容量バッテリーの必要性は大幅に減少することになります。 電気モーターは内燃機関とは違って、大きさが非常に小さく騒音と振動が少ないので、このような方式のシステム開発に適しています。

しかし、まだ越えなければならない山も多いです。 まず安全性問題が最も悩みを余儀なくされます。 乗客をたくさん乗せて数いるというのは大型惨事の可能性も念頭に置かなければなりません。 また、このような合体・分離が可能になるには、道路状態がとても良くて隣の差が割り込みをよくしないべきことです。 様々な費用問題も検討されなければなりません。

これから10-20年は電気自動車の普及、自律走行車両システムの開発によって交通部分で相当な革新が起きる可能性があります。 果たして未来にはどんなシステムが勝者になるか知りたいですね。

ソース http://www.gizmag.com/next-future-modular-transportation/39952/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *