プラスチックゴミ

プラスチックゴミ-海のどこに移動するだろうか

プラスチックゴミ-海のどこに移動するかな? プラスチックのない人生は想像し難いのです。 いくらリサイクルをするとしても結局は捨てられるごみがなります。 米国の場合、リサイクルされるプラスチックは全体の10%未満です。 大部分は地に埋め立てられるが、完全に腐ってなくなるまで数百、数千年がかかります。 使用する時は便利だとしても、ゴミになってからはきれいに処理することがたいへん厳しかった物質がプラスチックです。

それで海に捨てられるプラスチックもかなり多いです。 人が直接しまうこともして、台風や洪水によって流されてきた残骸の山の中にもプラスチックが少なくないです。 土の中で腐っないプラスチックが海の上に浮かんでいると消えるわけがないので、生態学者や生物学者たちはプラスチックゴミが海洋生態系に及ぼす悪影響を大いに懸念してきました。

最近に掲載された研究結果を見ると、2010年一年間、海に流れて行ったプラスチックゴミは、少なくとも500万トン、多くは1,300万トンと推定されます。 画期的なゴミ処理案を用意しない限り、2025年には今より四倍もたくさんのごみが海に流れていくという予測がついたです。 ところが、彼よりももっと狼狽だった点は海に流れて行ったその多くのプラスチックゴミがどこにいるか、私たちが、正確に分からないという事実です。

プラスチックゴミ-海のどこに移動するかな?

先立って昨年には<アメリカ国立科学院会報(Proceedings of the National Academy of Sciences、PNAS)>に掲載された研究は、大洋一のうち、総35,000トン程度のプラスチックゴミが群れをなして浮遊という事実を報告しました。 しかし、35,000トンは人類が捨てたプラスチックゴミの1%も満たない量です。 残りの99%はどこにいるんでしょうか。 海洋生物が細かく切られたプラスチックの破片を食べてしまってどんな形であれ、プラスチックが再び生態系食物連鎖に入っているという主張があるが、まだ事実として検証されたのはありません。

<サイエンス>論文の著者たちは、全世界193個沿岸諸国のプラスチック生産量、消費量、ごみ処理データなどをすべて集めて分析しました。 これを通じて、著者たちは2010年に発生したプラスチックゴミが計2億7,500万トンに達するものと推定しました。 ほとんどは、プラスチック包装容器でした。

著者らはこのうち、約470万~1,270万トンほどが海に流れ込んだものと推定しました。 この数値は、陸地から海に流れたプラスチックゴミの量だけを測定したもので、漁船をはじめ船から直接出てきたプラスチックゴミは含まない数値です。 ごみ800万トンを全てつなぐと、世界の海岸線を全部覆っても当然だろうです。 海に流れているプラスチックゴミの25%ほどが中国から出てきました。

プラスチックゴミの渦

さあ、とにかく膨大な量のゴミが海に流れて行ったのは分かるんだけど、いったいどこにあるんでしょうか。 この問題を見てみます。

熱帯北太平洋の真ん中くらいに大きなプラスチックゴミ渦があるという話はみんな一度、聴いてみたと思います。 以前紹介したPNASに掲載された研究によると、現在、大洋の中で、このようなゴミの山渦が少なくとも五つあるとします。 このの山は空ではもちろん、船に乗って近く通ってもよくみえません。 海の上に浮かんでいるのではなく、水面の下にいて、波に砕けて太陽に分解されて大きさもたいていは直径1cm以下で小さいためです。 北太平洋にある渦が最も大きいことが知られているが、大半が中国から捨てられたプラスチックゴミがここに集まっていて、海に浮かんでいるプラスチックゴミの山の1/3がここにあると推定されます。

しかし、依然としてゴミ数百万トンが流れた海で私たちが発見できるのが精一杯万5千トンという事実は多くの疑念を抱かせます。 研究者たちは直径1mmが満たない小さな彫刻は散らばっていたと予測したが、この瓦礫の下にはとても小さな残骸も含まれていました。 じゃあ一體残りのゴミはどこにいるんでしょうか。 PNASに掲載された研究で、著者たちが提示したいくつかの仮説をもとにいくつかのシナリオを紹介します。

  1. 海に流れて行ったゴミの大半が再び海岸沿いに押し出されたという主張です。 しかし、この仮説は海岸沿いに押されてきたごみたちのうち、直径が1mm以下の小さな残骸がなかなかない理由をよく説明することができません。
  2. ごみたちがとても細かく割れて感知することができないほど小さな粒子になったという主張です。 そうすることもあります。 しかし、1980年代以降に太陽によるごみや浮遊物の分解がさらに活発に起きたという証拠はありません。
  3. プラスチックゴミにとても小さな生物や有機体がくっついて育ち、それによって重くなって海底に沈むたという主張があります。 このまた、そうするような説明です。 これに対して重くなったプラスチックが海の下に沈むとそこに付いて住んでいた生命体は変わった環境のために死んで、再び軽くなったプラスチックゴミは水面に浮上しなければならないという反論があります。
  4. プランクトンや魚たちがプラスチックを食べるという主張は、多くのこれらを不安に言える。 動物性プランクトンがプラスチックを食べるという事実は知られており、細かく分解されたプラスチックはプランクトンや小さな魚の餌になるそうです。 著者たちは水深200~1,000メートルの中間深く海に住む魚たちが、またプラスチックを食べて排泄してその成分が海底に積もっているはずと主張したりしました。 プランクトンや魚がプラスチックを食べていたなら、そして食物連鎖にプラスチックがしたら、これは生態系にどれほど深刻な脅威ですか? 事実この質問に対する明確な答えはまだありません。 海カモメのような潮流が大きなプラスチックの破片を飲み込み、死んだという記録はあるが、今の問題になるのはとても細かく分解されたプラスチック彫刻です。 また、プラスチックゴミに、有害化学物質が残ったり、蓄積されている場合、生態系に大きな脅威となる恐れがあるが、これも正確にどう問題になるかはまだ知られていない事実です。
  5. プラスチックゴミが極地方の氷山に溜まるという主張もあります。 2014年<地球の未来(Earth’s Future)という学術誌に、研究結果が掲載されたが、海氷が形成されて膨張する過程で海に浮かんでいたプラスチックが自然に混入するという主張です。
  6. なければ海に流れたプラスチックゴミの量が実際に本当に少ないのである可能性があります。 私たちの計算が完全に間違ったこともありうるという意味です。

事実が何であれ、少なくとも今まで知られた研究結果だけを見ると、海に流れて行ったプラスチックゴミの行方は依然不明になった状態です。

ソース http://www.vox.com/2015/2/12/8028267/plastic-garbage-patch-oceans

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *