フェイスブック Internet.org

フェイスブック Internet.org -ネットワーク中立性

フェイスブックInternet.orgがネットワーク中立性とインターネット接続制限のため、議論の対象になっています。 まず、このプログラムが何かから見てみます。 フェイスブックは閉ざされている定員(walled garden)でインターネットに存在する特定のコンテンツに接続できるモバイルアプリを作りました。 ビデオ、写真、広告など重いコンテンツを除いて最大限軽く作ったフェイスブックを含めてです。

そしてこのアプリで発生するデータ使用量は無料料金(zero rating)よう全世界のインターネットサービス供給者たちと交渉しました。 携帯電話はあるが、データ料金が負担となり、インターネットを使ってみたことのない世界数億人の人々に最小限のインターネットを提供するという考えでした。 インターネット事業者は追加課金なく若干のデータサービスを提供してフェイスブックは人々に彼らが逃しているのが何なのか試して見せてくれということでした。

ところがこの事業は両様に解釈することができます。
a)インターネットに接近しなかった全世界人口の2/3に彼らの生活を画期的に改善できる歴史的機会です。 100個ほどの無料インターネットサービスを提供することで、インターネットの価値に目覚めるようにして完全なインターネットの使用に一段階接近するでしょう。
b)・ザッカーバーグの計画は全世界を支配するというでしょう。 致命的で、危険で、悪意的な方法でまだインターネットを知らない人々に、フェイスブックに加入するよう強要する政策です。

どのような見方が合うでしょうか。 インターネットを知らない数十億人口にインターネットの神秘を知らせようとする慈悲深かった活動ですか? それとも閉ざされている定員(walls of the garden)、中に入っていないほかの事業者らを排除して、”ネットワーク中立性”の原則を害する活動ですか?

フェイスブック Internet.org

私の立場は反対する人たちが反論しにくい部分で始まります。 一般的に無料で何かを受けることが全く受けられないことよりましだと言うのです。 どんな批評家たちもまだこの部分では私を説得することができなかったです。

人たちの憂慮は、大きく二種類に分けているようです。 第一に、スーザン・クロフォードが語ったように、”フェイスブック、ツイッター、ワッツアプリ、ウィキペディアが無料課金制に従う人々には’インターネット’の同意語になることができます。 ユーザらは本当にインターネットに渡りず、その閉ざされて庭園に留まるかもしれません。 Timothy Karrが、ハフィントン・ポストに寄稿した文章を見ます。

アプリ自体は良く見えるかもしれないが、ザッカーバーグはInternet.orgをアプリと見なしません。 計画どおりなら、世界人口の多くにはこのアプリがインターネットになるわけです。 問題はInternet.orgは、インターネットがないということです。 貧しい人たちのためになるのではなく、フェイスブックを後押しするために開発された閉鎖的なデジタル空間だけでしょう。 ユーザのデータを利用した事業をする会社に数十億加入者がどんな意味か想像してみてください。
ザッカーバーグは貧しい人たちに無料で開かれたインターネットを提供したいと考えているものではありません。 Internet.orgの物差しを通過したサービスだけを提供します。 ザッカーバーグのインターネット空間はあなたが好きなペット写真に”いいです”を押して、ウィキペディアの”家父長主義”正義を読んで、BBCニュースが提供する世界のニュースをテキストだけで読む空間です。 Internet.orgはビデオなどのリッチメディアを制限するため、不正腐敗や警察の蛮行を告発するビデオを上げることができません。 遠く離れた家族達と写真を共有することもないですね。 インターネットで事業を始めることを望むなら、、フェイスブックのプロセスとプライバシーポリシーに合わせて事業を駆使してこそ、消費者に金をもらうことができます。
当たり前にも、本当にインターネットがより良い選択です。

私にとって、この懸念はとても誇張されたものに聞こえます。 全世界多くの人たちにフェイスブックがすぐ’インターネット’というのは事実です。 アンケート調査をすれば、先月のフェイスブックを使用したことあるかという質問には”はい”と答えながらも、インターネットを使用したことあるかという質問には”いいえ”と話している人が多いです。

それで何がどうだっていうんですか? 以前はAOLがすぐインターネットでした。 AOLの前にはProdigy、CompuServeがすぐインターネットでした。 しかしユーザーはすぐ”本当にインターネットがより良い選択”ということを悟りました。 私は人々が、自分がただで得ていることとお金を払わなければアクセスできることが違うということを知らないと思います。

マレーシアとインドのユーザーたちはミシガンやインディアナのAOL、ConpuServeユーザーのように次第に学ぶことになるでしょう。 学校から帰ってきた子どもたちが友人たちが使うサービスにアクセスできないとぼやいでしょう。 フェイスブックは、アプリを使用してみたユーザー同士の50%が30日内にインターネットサービスに加入した、と発表し、これが事実なら、”プレビュー”プログラムはうまく作動しており、ユーザーたちは庭園に”閉じ込められておら”ないという証拠になります。

ネットワーク中立性に対する恐怖

二番目の懸念は、フェイスブックがデータ提供からコンテンツまで垂直的に管理する門衛がなるという恐怖です。 そして優越した事業的地位を使用して誰が勝って誰がジルジ決定するでしょう。 無料課金されるサイトと一般サイトの両方で。 新たなサービスの開発者は、数億人お客様に接近するために、フェイスブックの規定を従わなければなりません。 このように”上から降りてくる承認の過程”は、オープンウェブで存在したこともないし、フェイスブックも発売された時点も存在しなかった過程です。

どんな人たちはそれでInternet.orgアプリに無料課金で上がるサービスは何になるか、フェイスブックが自ら決めることではなく、”客観的な”規定を定めなければならないと主張します。 ないと、フェイスブックの管理の外にある第3者が決定しなければなりません。

私はこのような意見にも賛成しません。 フェイスブックがこのアプリに管理権限を持たなければ、このようなアプリ自体が不可能だったでしょう。 データネットワークには実際費用が費やされてそれでインターネットサービス提供者が課金するんです。 フェイスブックがサービス提供者にその費用を無くしてほしいと要請したら、どれだけのトラフィックが発生するという事前契約とギャラがあったんでしょう。

フェイスブックはトラフィックが一定水準以上を超えないよう管理しなければならず、コンテンツを管理するしかないです。 この管理権限を第3者に渡せば、プロジェクト全体が崩壊する恐れもあります。 制限的ではあるが無料アプリにアクセスできた消費者には残念なことです。

この議論が”ネットワーク中立性”に対する議論のように見えるのか私は完全なネットワーク中立性は、抽象的な概念に過ぎないと思います。 多くのアプリはユーザーに制限された情報のみを提供します。 例えば、鳥たちの歌を認識する私のアプリiBird Proを例をあげてみます。 開発者は、インターネットに存在する全ての情報を”差別”して一部だけを提供します。 しかしユーザーは誰でもこのアプリを出てネット上で検索するため”ネットワーク中立性”に違反するものではありません。

私にInternet.orgは、似たコンセプトです。 このアプリが提供する情報が十分でなければ、ユーザはいつも”卒業”して開放されたインターネットを使えばいいです。 はい、お金がかかりましよね。 しかし、インターネットへのアクセスに物理的にかかる費用があるからです。 誰かそのお金を出さなければ、消費者が納めることになるでしょう。 そしてそのお金を出すというアプリを奪うことは問題を解決する方法に合わないと考えます。

ソース https://www.washingtonpost.com/news/volokh-conspiracy/wp/2015/08/17/facebook-internet-org-and-the-net-neutrality-bugaboo/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *