アフリカは東アジアを模倣できるか

アフリカは東アジアを模倣できるか

アフリカは東アジアを模倣できるか-中国の高度成長期を踏み台にして産業化の隊列に参加していたアフリカ経済が揺らいでいます。 中国の経済成長が鈍化し、中国に原材料と同じ商品を納品していたアプリカグクらの経済状況が目立って悪化しているものです。

一例として、35万人以上の人材を雇用していたナイジェリアの纎維業界は現在10分の1度なっていない人材だけを運営しています。 銅の価格は最高価格比で半分以下に落ちており、です。 IMFはこの15年間5%以上の平均経済成長率を記録してきたアフリカ国家の今年の経済成長率が4%以下に落ちるだろうと予想しました。

アフリカは東アジアを模倣できるか

しばらく停滞する経済成長も問題であろうが、アフリカのさらに大きな危機は、実は他のところにあります。 十分な経済成長を実現する前にすでに産業化過程で離脱しているためです。 理由は大きく3つです。

第一は不足した社会基盤施設によって、商品の製造費用が湧き出しているという事実です。 2010年基準で、アフリカの電力費用は、南アジアの競争国たちと比べると、3倍以上高かったです。。 劣悪な道路網と混雑した港も製造コストを上昇させる原因になっています。

第二は、豊富な天然資源はむしろ産業化に毒になっているという事実です。 天然資源に依存して急成長を成し遂げたアフリカ経済が物価の上昇や通貨価値の上昇により、製造業では、むしろ競争力を失っています。 オランダ病(Dutch Disease)と呼ばれる資源の呪いがアフリカ大陸で現れている状況です。

最後は地理的要因です。 アジア諸国の相次ぐ産業化の成功はこの地域の産業化を連鎖的に引き出した日本の先駆者的役割が重要でました。 世界的な規模に成長した日本の製造業を韓国と台湾が渡され、これを再び中国と東南アジアに転売した構造が作られ、アジア全体は、産業化の受恵国になることができました。 しかしアフリカは事情が少し違います。 まだ日本と同様にアフリカ大陸全体に成功した産業化モデルを伝授するほどの国家が誕生しなかったんです。

アフリカの成功的な産業化

もちろん、アフリカでも成功的な産業化の事例はあります。 特定経済特区に社会基盤施設を集中的に投資したエチオピア(Ethiopia)は、多くの海外企業の投資を誘致し、2006年から2014年まで平均10%以上成長しました。 1997年から2012年まで平均7.5%の経済成長率を記録したタンザニア(Tanzania)の衣類事業は大規模な港湾施設や産業特区を造成し、競争力強化に力を入れています。

しかし、アフリカ産業は依然として世界需要の2%だけを占めているだけで、十分に多くの雇用を創出し、広汎な産業化をリードしていることもありません。 アフリカがアジアの産業化の成功神話に続いていくためには社会基盤施設にもっと攻撃的な投資を敢行する必要があります。 ともに、海外先進企業を誘致するための誘引策を用意して現地のメーカーがこれらと協業する構図を構築して現地製造の力量強化にも力を向けなければならないのです。

ソース More a marathon than a sprint

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *