母国語ではない言語でお仕事ですか?

母国語ではない言語でお仕事ですか?世界のいたるところで英語で働く人たちが増えています。 英語圏の外の多国籍企業はもちろん、UNやEUのような国際機関でも英語が占める部分が大きいです。 英語の世の中に他の様々な言語が共に存在している形です。

このような状況が英語を母国語で書く人に有利でしょうか。 外国語で働くのは確かに簡単なことではありません。 口を開ける度に適当な語彙を訪れ、文章を作り出すことにエネルギーを使っているならば、自分の主張を論理的に話したり、微妙なニュアンスを描くには難しいです。 このような環境で英語が母国語である人は特別な内容がなくても流暢な言葉で論争で勝ったり、冗談で雰囲気を掲載できる能力があります。 いわば追加的な武器を持っているわけですよ。 最近、Michael SkapinkerはFinancial Timesに書いたコラムで英語を母国語で駆使する人たちがそうでない人と効果的に対話できるコツをつかめなければならないと主張しました。

母国語ではない言語でお仕事ですか?

Skapinkerは英語が母国語ではない人も、どの程度有利な点があるといいます。 微妙だが決してちょっとしていない利点です。 外国語で自分の聡明さを誇示することは簡単ではないことです。 しかし、実際より少し愚かにも見えることが、交渉過程で反転を図ることができる利点になったりするからです。 フランスで暮らしているある米国人教授が記者に話したように、他の言語を駆使して他の文化圏出身の人は残りの人たちが見ることのできない問題や当然視することを指摘し、議論を導いていくことができます。 “ここではどんな風にするかどうか分かりませんが私が見るにはね”というカードを使えるということです。

外国語で働く人たちが話するメリットはその他もいろいろがあります。 もう一度話してほしいと要求し、考える時間を稼いだり、、相手の注意を変えることにも有用というのがeconomistで働くロシア人の告白です。 外国語でゆっくり話している人はいつも慎重に単語を選択します。 母国語ですらすらと言う人に比べて、案外話が進んでいたり、感情に振り回される可能性が小さいです。

また、外国語で話してみると,自分が言った内容をまた考えてみるフィードバックが可能です。 実際に外国語で意思を決定すれば、よりよい結論が出るという研究結果もあります。 実験対象者たちに正解のように見える誤答でわなを作ったテストを分けてくれた時、その言語を母国語で書いていない人々がむしろ艦艇をよく避けました。 倫理的な意思決定をしなければならない状況でも外国語で事故する人がさらに功利主義的であまり感情的な選択をしました。 デンマークで働いているアメリカ人は年俸交渉を英語で行えば、感情的に難しいために、デンマーク語が下手でも年俸交渉は、デンマーク語にすると言いました。

外国語として働けば、得たこのような長所は、母国語が何かを問わず誰にでも適用されます。 ただ、英語が万国共通語のような地位を享受しているため、英語で働く状況を想定しただけです。 職場では英語を書いた人たちも、各自の私生活でかえったらまた母国語を使用します。 母国語と外国語の間を行き来して住んでいます。 他の言語を使う人は、考えが違うことができます。 二重言語を駆使する子供たちが他人の考えをもっとよく読んで出すという研究結果もあります。

20世紀初めに、米国のミュージカル映画俳優だったジンジャー・ロジャースは、男性パートナーであるアス語のステップを”逆に、それもハイヒールを履いたまま”踏まなければなりませんでした。 しかし、そのおかげで、卓越したダンサーになることができました。 外国語で仕事をするのは、ハイヒールを申告書逆にステップを踏みながら、自らを鍛錬させることかもしれません。 英語の勉強が大変な時と、生涯、外国語で話すことの長所と短所を感じて見たこともできない数多くの英語ネイティブスピーカーたちを思いながら困難を勝ち抜いてみましょう。

ソース Of two minds